気の願望別応用編 - 気功.info

HOME > Web気功教室 > 気の願望別応用編

全ての事象のコンセプト「日の丸モデル」とは?


幸福、ビジネスの成功、願望実現、金運アップなど
全ての状況をと整え直していく時には、
全ての事象のコンセプトである「日の丸モデル」で考えるとよい。


日の丸モデルは3つの構成要素でできている。

  • 1番・・・日の丸の赤い丸を「我(セルフ)」
  • 2番・・・日の丸の枠の白い部分を「世界(ワールド)」
  • 3番・・・我と世界の関係性
日の丸モデル

あなたが億万長者になりたいとする、
億万長者になりたいというのは、1番の我=セルフの問題。


世の中にある願望実現は、1番ばかり頑張る傾向にある。
しかし、セルフである内側を整えても、
2番のワールドからお金が発生しなければ何も起きない。


そして、一等になる宝くじが道端に落ちていて、
3番の関係性がなければ、拾わない。


原因を我の内部に作り、外側の世界に宝くじを発生し、
そして我と世界の2つがつながったから一等の宝くじを
拾ったという3つのプロセスが必要になる。


何かものを売りたいとしたら、
1番が顧客、2番が商品、3番が営業的戦略やプレゼンテーションだ。


何かを整え直していく時には、必ずこの3つを考える。
今足らないのは?この人の内側?まわりの状況?
それとも、その2つが仲良くなることなのか?


以前財布は、持ち主の金運を表し、外の世界とのインターフェースだと話した。
そうしたら、財布ばかり整えようと皆が行なったが、間違っている。


金運がある私が、金運を引き寄せる財布を持つことで、
金運と仲良くなる。財布を持つことが1番ではない。
財布がなくとも、金運にあふれていなければならない。


1番、2番を整え、そして1番と2番をつなぐ3番。
この1.2.3の見取り図である日の丸モデルに常に戻ってほしい。


この日の丸モデルで分析を行うのだ。
すれば、気エネルギーをどこに注ぎ込めばおのずとわかる。


どれかに偏るのではなく、1.2.3を同時にあわせもつ
パーフェクトワールドを目指すのだ。


次 → 本当に考えるべき夢や希望とは?


《 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。