言葉の力を使った願望実現法 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の願望別応用編 > 言葉の力を使った願望実現法

言葉の力を使った願望実現法

言葉には強力な力を持っている。
古来の日本では、言葉を言霊(ことだま)といい、
言葉には魂が宿り、言ったことが本当になると神聖に扱っていた。


護符などの符術は、黄金比が関係している

また、現代の我々が使っているA4サイズなどの紙は、
理由はわからないが、護符やタリズマンなどの符術や、
叶えたい願望を書くのに、最適な黄金比でできている。


言葉と紙を使って、手から出るエネルギーを込めることで、
願望実現に導く方法をご紹介する。


手から出るエネルギーを入れる時には、
天に通ずる真心があるかが重要。神様が感動するほどの祈りかどうか。
昔の人はそれを「鬼人を動かす」といった。心打たれる、真心から出ている願なのかも
考えてみてほしい。いかにして、世界を巻き込んで、自分の願望を叶えていくかが鍵となる。


※この方法は、気功教室で、直接エネルギー調整や伝授を受けた方限定。
この方法は、1日セミナーでも紹介することが多い。
(気功教室についてより詳しく知りたい方は、「気功をもっと知りたい方へ」をご覧ください。)

紙に言葉を書く願望実現法

  • 用意するもの

・新しい白紙(A4サイズやB5サイズ)

  • 方法

1)叶えたい願いを考える。1つでも複数でも構わない。
2)1)で考えた内容を、紙の右上のあたりに、縦書きで1つずつ書き、
  2つ目以降は、右に縦書きに書いていく。それぞれ最初に「・」を書く。
  書き終わったら、その願望を□で囲む。
3)囲んだ□の下に、「に関する一切の妨害波動 之 メンタル・レベル」と書く。
4)紙の左側に、縦書きで、「氏名○○ 之 メンタル・レベル」と書く。
  ※○○は、自分の名前を書く。
5)各願い事は、最初の「・」か最初の文字を触って筋力テストなどをすると、状態がわかる。
  指が開けば願いが叶いづらい状態、指が開かなければ願いが叶いやすい状態。
 (筋力テストの詳しくは、「筋力テスト(基本編)」 をご覧ください。)
6)一つずつ最初の「・」か最初の文字に、手から出した気のエネルギーボールを入れていく。
 (気のボールの詳しくは、「気のボール(基本編)」 をご覧ください。)
※この方法は、自分の事だけに利用すること。他人を暴くため使うことは一切禁止。

言葉の力を使った願望実現法.jpg


次 → 決断力を鍛える「下丹田体操」



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。