五行気功法 - 気功.info

HOME > Web気功教室 > 五行気功法

言霊で整える「あいうえおの力」


「あいうえお」は「五行(木・火・土・金・水)」である。

  • あ=木
  • い=火
  • う=土
  • え=金
  • お=水

「あかさたなはまや・・・」とあ行を唱えることで、木のエレメントが整うなど、
五行の代わりとして活用できる。

それ以外にも、「あいうえお」の音声は、一つずつ異なった強力な力を持つ。

「あいうえお」それぞれの音声の力を知り、それを訓練していくことで、
言霊である言葉を本物にする力を養ってほしい。

特に、「あー」と「うー(ん)」は、「阿吽」であり、仏教の真言の一つ。
「阿」は口を開き発する音で「呼気」を指し、「吽」は口を閉じて発声する音で「吸気」を意味する。
密教では、「万物の根源」と「一切が帰着する知徳」の象徴とされる。大事するとよい。


≪「あー(A-)」の力≫
拡散し広がる力であり、波になる。大きくはかない夢や可能性として広げていくことができる。
気のエネルギーボールを大きいものに変えていくプロセスにも使う。

≪「うーん(UN)」の力≫
収束し小さく縮む力であり、粒子となる。大きくはかない夢や可能性として広げたものを、
この音で落とし込んでいく。気のエネルギーボールを小さく縮めていくプロセスにも使う。

以上より、「あー」と「うーん」の力で、波動と粒子と使い分けができ、
波動を広げるように「あー」といい、「うーん」で網をうち魚を捕まえる引き寄せの法則となる。
この2つの口密の練習だけでも、言葉を本物にし、現実に落とし込んでいける。

言霊「アー」

≪「いー(i-)」の力≫
垂直にたつ力を持ち、天とつながる。運がよくなる。

言霊「イー」

≪「えー(e-)」の力≫
近距離で同調、リンクする力。
講演会など周りに人がいるエリアがあり、そのエリアと同調したい時に使う。
例えば、「えー、お話を一席」とすることで、「えー」で投網をうちエリアと共鳴する。

≪「おー(o-)」の力≫
遠距離の外の世界とデータのやり取りをする力。
山の向こうに「おーい」というように、周りのエリアを飛び越えた外部と連絡をしたい、
外の世界から情報を仕入れたい時などに利用する。
言霊「エー」「オー」



次 → 大人となる「五常」を目指すとは


《 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。