五行を学ぶ理由 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 五行気功法 > 五行を学ぶ理由

五行を学ぶ理由

09de3bb894c3999a8d26dce148fe960f_s.jpg


この教室では、継続のプログラムを提供している。


フェーズ1で、小周天を学ぶ。
参考《小周天気功法一覧》


フェーズ2では、大周天を学ぶ。
参考《大周天気功法一覧》


フェーズ3では、五行と四神獣を学ぶ。
参考《五行気功法一覧》


昔でいえば、小周天は仙人の技だが、
ここではファーストステップ。


小周天で、誰にも負けない我を作る。
自己防衛システムの完成だ。


しかし、ここでは我と世界のつながりはない。


次の、大周天では、
作ってきた自己防衛システムを壊し、
自然の世界を流入させる。


ここで我と世界はつながりはじめる。


天の気、地の気、我と世界の交流で、
エネルギーがリンクする。


青い空、白い雲、マグマの赤、草原の緑など、
ナチュラルヒーリングパワーを扱う。


個人を越えていける。


そして、この先の学びは、
神仏だったり、宗教だったりするけれど、
私たちは、あえて五行と四神獣を学ぶ。


五行や四神獣の世界には、
ドラゴン、フェニックス、ホワイトタイガー、
玄武など、幻想の世界の生き物が住んでいる。


現代にも、神仏を使う人もいるし、
気のエネルギーで超能力者もいる。


しかし、現代人の私たちは、深海すら
目に見える世界として見通せるという科学の力により、


牧師や僧侶などのプロフェッショナルですら、
信じる力を失い、人が使える神聖な叡智を忘れてしまった。


さらに、もし神仏が信じられても、
ドラゴンやフェニックスなどは信じられなくなってしまった。


しかし、この幻想の世界は、この世の物理世界と
神仏のいる高次元の世界に挟まれた唯一の世界。


幻想世界を操るものこそ、
物理世界へも高次元への世界へも働きかけられる。


幻想世界の住人である、トトロはいなくなり、
タヌキやキツネが化けなくなった。


そして神獣がただの動物になり、
単なる伝説の生き物になってしまった。


ここで幻想世界を学ぶ主旨は、
それらの実在性の議論をしたいからではない。


この幻想世界のドラゴンやフェニックスなどの、
シンボリックイメージは、


過去の数千年の人の思いにより培われたがゆえに、
一人では作れないほどの大きな聖なるパワーとなり、
現実を動かしていけるからだ。


そのパワーを使いたいがゆえに学んでいる。


そのパワーを手にすることで、見えない世界への
影響力が高まり、現実をダイレクトに変える力を手にする。


次 → エネルギーの形「波動と粒子」の使い方



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。