五行と四神 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 五行気功法 > 五行と四神

五行と四神

五行と四神.jpg

五行とは

五行とは、「木・火・土・金・水」の5つのエレメントを指し、
万物はこの5種類の元素よりなるという説。

5種類の元素は、「お互いに影響を与え合い、
その生滅盛衰により天地万物が変化し、循環する」という考えが根底に存在する。


【木のエレメント】
木の花や葉が幹の上を覆っている立木が元となっていて、
樹木の成長・発育する様子を表す。
何もないところから、夢を明るくもつ希望であり、スタート。

(対応するもの)
色:青/季節:春/方位:東/神獣:青龍/感情:怒り/内臓:肝臓・胆


【火のエレメント】
光り輝く炎が元となっていて、火のような灼熱の性質を表す。
木のエレメントが何もないところから芽を出すイメージであれば、
火のエレメントはその芽を育てるイメージ。

(対応するもの)
色:赤/季節:夏/方位:南/神獣:朱雀/感情:イライラ/内臓:心臓・小腸


【土のエレメント】
植物の芽が地中から発芽する様子が元となっていて、
万物を育成・保護する性質を表す。
無意識の学習を促進させる熟成時間。育った芽を熟成させるイメージ。

(対応するもの)
色:黄/季節:土用/方位:中央/神獣:麒麟/感情:不安/内臓:胃・脾臓


【金のエレメント】
土の中に光り輝く鉱物・金属が元となっていて、
金属のように冷徹・堅固・確実な性質を表す。
実りの秋のように熟成させたものを収穫するイメージ。
成果を獲得する。

(対応するもの)
色:白/季節:秋/方位:西/神獣:白虎/感情:悲しみ/内臓:肺・大腸


【水のエレメント】
泉から涌き出て流れる水が元となっていて、
これを命の泉と考え、胎内と霊性を兼ね備える性質を表す。
水に流す。
記憶やわらかい水のようにすべてを受け止めてただ手放す。

(対応するもの)
色:黒(玄武)/季節:冬/方位:北/神獣:玄武/感情:恐れ・恐怖/内臓:腎臓・膀胱


四神とは

中国の神話で、天の四方向を司る霊獣。四獣、四象とも言う。
東の青龍(せいりゅう)、南の朱雀(すざく)、西の白虎(びゃっこ)、北の玄武(げんぶ)。


また五行説には中央に、麒麟(もしくは黄龍)を取り入れる。
四神は共に四つの季節の神を補佐する役割も割り当てられる。


次 → 五行と気



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。