大周天気功法 - 気功.info

HOME > Web気功教室 > 大周天気功法

大周天イメージ動功(2)「イメージらせん」


イメージを使って気エネルギーを身体に通す技法。第周天のイメージver.となり、
イメージと身体を使うことで、三密の「意密」と「身密」の2つを使うことができる。


手でらせんを作り、身体に気を通していく。
らせんは、最初左右片側ずつ行い、最後に中央を行う。


【準備姿勢】
立った姿勢で、足は肩幅に開く。

誘導する手は、人差し指1本もしくは、
人差し指と中指の2本を伸ばし、残りの指は握る。

左回りで吸う時に、呼吸も吸い、右回りで出す時に、呼吸も吐き出す。
「右ネジの法則」の詳しくは、「気エネルギーの抜き方、入れ方「右ネジの法則」」をご覧ください。


【基本イメージ&動作】
①左側だけの半分に気を通す。
 左手を、誘導する手の形(人差し指1本もしくは、人差し指と中指の2本を伸ばし、
 残りの指は握る。)にし、左足の下から、息を吸いながら、指先を下に向けて、
 左回りらせんを描きながら、みぞおちまで上げていく。

 頭の中のイメージでも、左足の裏から、らせんが上がる想像をする。


②みぞおちまで来たら指を反転させ、息を吐きながら、指先を上に向けて、
 右回りのらせんを描きながら、頭の上まで上げていく。

 頭の中のイメージでも、頭の上(百会)に、らせんが上がる想像をする。


③頭の上まで上がったら、息を吸いながら、指の向きはそのまま上に向けたまま、
 左回りらせんを描きながら、みぞおちまで下げていく。


④みぞおちまで来たら指を反転さえ、息を吐きながら、指先を下に向け、
 右回りのらせんを描きながら、足元に下していく。


⑤①~④を複数回行い、イメージでもスムーズに通るまで行う。
 上下に動かす位置は、身体の左半身。必ず、らせんを下に下した所で終える。

 苦手な方向を何回も通すよりも、
 ゆっくりと①~④を繰り返すほうが通りやすくなる。


⑥次に、右手・右足に変えて、
 ①~④を複数回行い、イメージでもスムーズに通るまで行う。


⑦左側・右側の片方ずつが通ったら、次に、イメージで中央を通していく。
 使いやすい方の片手を使い、
 今までは、半身で動かしていた移動を、身体の中央で行う。

 行う方法は、①~④と同じ。
 下から上、上から下を行い、足元で下して終了。


大周天イメージ動功2.jpg

※クリックすると、拡大します。

次 → 大周天イメージ動功(3)「イメージで天地エネルギーを通す」


《 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。