大周天イメージ動功(1)「太陽のエネルギーを背骨に通す」 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 大周天気功法 > 大周天イメージ動功(1)「太陽のエネルギーを背骨に通す」

大周天イメージ動功(1)「太陽のエネルギーを背骨に通す」


イメージを使って気エネルギーを身体に通す技法。第周天のイメージver.となり、
イメージと身体を使うことで、三密の「意密」と「身密」の2つを使うことができる。


太陽をイメージし、太陽のエネルギーを背骨に通していく。


【準備姿勢】
立った姿勢で、足は肩幅に開く。


【基本イメージ&動作】
①頭の上に、朝日のきれいな太陽が昇ってきたと想像する。


②その太陽が、頭の上に降りてきて、ビーチボールぐらいの大きさになった太陽を、
 両手でつかんだと想像する。挙げた両手は、肘を伸ばしきらずに少し曲げておく。

 手からエネルギーが出る人は、手からエネルギーが出ると唱え、
 そのボールにエネルギーを注ぎ込む。  10秒~20秒そのままじっとしている。


③十分にエネルギーが入ったら、ゆっくりボールを持った手をさげて、
 ボールが頭の上に接触したとイメージする。 そのまま、30秒じっとする。


④次に、宇宙飛行士が大きなヘルメットをかぶるかのように、
 両手を耳の横に持ってきて、頭の上のボールをかぶったとイメージする。

 そして、かぶったと同時に頭全体が光ったと思い、
 きれいな光を想像しながら、60-70秒じっとする。


⑤次に、その光のボールを、7つある首の骨(頸椎1番~7番)に、
 1つにつき10秒ずつ光とともに入ったと想像する。

 頸椎1番に光が集まった・・10秒
 頸椎2番に光が集まった・・10秒
 頸椎3番に光が集まった・・10秒
 頸椎4番に光が集まった・・10秒
 頸椎5番に光が集まった・・10秒
 頸椎6番に光が集まった・・10秒
 頸椎7番に光が集まった・・10秒

 両手は、両首を触りながら、頭の根本~首の付け根に移動させていく。

 最後の7番目の頸椎は、首の付け根のとんがった骨だが、
 それ以外はわかりづらい。具体的に骨の位置がわからなくても、
 頸椎何番といった形での言語での指示で、エネルギーは自然と入っていく。


⑥次に、その光のボールを、12つある胸の骨(胸椎1番~12番)に、
 1つにつき10秒ずつ光とともに入ったと想像する。

 胸椎1番に光が集まった・・10秒
 胸椎2番に光が集まった・・10秒
 胸椎3番に光が集まった・・10秒
 胸椎4番に光が集まった・・10秒
 胸椎5番に光が集まった・・10秒
 胸椎6番に光が集まった・・10秒
 胸椎7番に光が集まった・・10秒
 胸椎8番に光が集まった・・10秒
 胸椎9番に光が集まった・・10秒
 胸椎10番に光が集まった・・10秒
 胸椎11番に光が集まった・・10秒
 胸椎12番に光が集まった・・10秒

 両手は、胸の前に持ってきて胸元~みぞおち付近まで移動させていく。


⑦次に、その光のボールを、5つある腰の骨(腰椎1番~5番)に、
 1つにつき10秒ずつ光とともに入ったと想像する。

 腰椎1番に光が集まった・・10秒
 腰椎2番に光が集まった・・10秒
 腰椎3番に光が集まった・・10秒
 腰椎4番に光が集まった・・10秒
 腰椎5番・仙骨に光が集まった・・30秒

 腰椎5番は仙骨のため、長めに行う。
 両手は、腰(みぞおちの裏)に当て、腰~尻(仙骨)まで移動させていく。


⑧最後に、尾骨(肛門の少し上)にも光が集まったと、10秒~20秒じっとしたうえで、
(目を閉じていたものは目を開けて)ゆっくり手を離して、やめる。

 この動作は、収功と同じため、収功は行わず、そのまま終えてよい。


大周天イメージ動功1.jpg

※クリックすると、拡大します。

次 → 大周天イメージ動功(2)「イメージらせん」



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。