小周天気功法 - 気功.info

HOME > Web気功教室 > 小周天気功法

小周天の手印


小周天には、対応した手印がある。
手印を組むことで、気エネルギーを流れを増幅するため、
手印を組みながら、気功法を練習してもよい。

注)手印とは、手の指で印を結ぶ、もしくは指の形。


応用編として、パワーストーンや、
密教法具(独鈷など)を手印の真ん中にはさみ練習することもある。


なにもしない時よりは、負荷がかかるが、
その分気を練ることが促進され、能力開発が促進されやすくなる。


■男性周りの手印 (右手を上にした手印・鳥の型方向)

(1)右手を上にした、中指と親指を合わせたリングにし


男性周りの手印1.jpg

(2)後の指を中に入れる

男性周りの手印2.jpg

■女性周りの手印 (左手を上にした手印・亀の型方向)

(1)左手を上にした、中指と親指を合わせたリングにし

女性周りの手印1.jpg


(2)後の指を中に入れる。

女性周りの手印2.jpg



次 → 手印で行う静功「小周天瞑想」


《 前 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。