小周天のコンセプト - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 小周天気功法 > 小周天のコンセプト

小周天のコンセプト

bd0b0bc7dbf51a01817d99a597da0d42_s.jpg

訓練や修練など何もしていない時、
全くエネルギーは充電されていないと考えていい。


例えるなら、パソコンが、
セーフティモードで動いているような状態。


すると、大きな仕事に立ち向かうには、
エネルギーが足らない。


なぜなら、生きていくためのエネルギーを
まずは確保する必要があるからだ。


だから、自然に回避するようになり、
小さなものしか扱えなくなる。


それが普通の人の状態。


生命現象は日々老化現象で小さくなる。
時系列でみれば減り続けている。


それをどこかで充電し、
セーフティモードで解除できるほど、
エネルギーがチャージされた時、


あなたの本来の能力を、
セーフティモードで使わず、
フルスペックで発揮できる。


そのためのファーストステップとして、
少ない電力を効率的に使いたいところに回す。


それが小周天。


ループを作り、他をオフにしておき、
自家発電することが、小周天のコンセプト。


外部から切り離された「我」を
整えることができる。


我が完成する段階。
昔は、これができたら仙人と言われた。


これができると、
世界から独立した私が、独自の発電機を持つ。


やってきたマイナスを弾き返し消滅させ、
究極的に我を整える技術。


ゆえに小周天とは、自分を建て直し、
もっとよりよくしようと思った時の
まず最初の必須条件となる。


次 → 現在・過去・未来・自信を作っていける4つの型



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。