集めた気を収める場所 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 小周天気功法 > 集めた気を収める場所

集めた気を収める場所

密教法具.jpg

気功で集めた気を収める場所としては、
上丹田、中丹田、下丹田などがあり、下丹田が一般的。

※丹田の詳しくは、気を貯める「丹田」とは?もご覧ください。


気エネルギーはチャージして、体の中に蓄えられた時、
男性は精液になるが、女性は血液となる。


男性は、下丹田にエネルギーボールをチャージし続けて
大丈夫だが、女性はあまりやると副作用を生むため、
中丹田に集めるようにするとよい。


女性は下丹田に気を集めすぎると、生理の時に下血が多くなったり、
お血が体内に停滞して、逆に病気の元になりかねない。そのため、
女性は真ん中のチャクラに開発するポイントをおいたらよい。


男性は、下丹田か仙骨でエネルギーを貯める。
男は精液になり漏らし続けることにもなるため、ほどほどに行う。


その他、胸を開発したい人は、胸に、
頭のチャクラを開発したい人は、喉と額になど、収めてもよい。

次 → 小周天の手印



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。