小周天気功法「鳥の型」「亀の型」 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 小周天気功法 > 小周天気功法「鳥の型」「亀の型」

小周天気功法「鳥の型」「亀の型」


小周天(しょうしゅうてん)気功法の一つで、小周天を習熟した後で行い、
気功の中でも、高度な技法の1つとされる。


大周天では、自分を中心に、螺旋の動きで手のひらを天と地に向ける動きをし、
それにより気を通して、人と天地(=大宇宙)との交流を行うことに対し、
小周天が、自分の体の周りに気を通し、ミクロコスモス・小宇宙である
自分のシステム全体に充分に気を巡らせることにより、
身体を整えて生体のパワーを増幅させ、
本来人間に備わっている気の力を最大限に引き出す気功法。


小周天とは仙人になれる技法であり、自分の中に宇宙を内包できる必殺技。
古来より卓越した武術家や気功家は、
これを得るために、実に何年もの年月を修行に費やしてきた。
(この気功では何年もの修行は不要。詳しくは「気功継続プログラム」をご覧ください。)


小周天をマスターすることで自分自身のシステムが完成し、
ほつれていたものが全て修繕され、気のプラスのエネルギーが
永久に枯渇することなく溢れ出すようになる。


小周天の動きに全て共通するのは、背骨を整える事。
肉体を持つ我々人間は、背骨を整える事で、
体も心も魂もネガティブもトラウマもカルマも整えていく事が出来る。


この気功は、肉体や背骨を整える事で全てのチャンネルを整える事を目指す。


小周天気功法の基本型は「鳥の型」「亀の型」の2種類がある。
他には「熊の型(Ⅰ)」「熊の型(Ⅱ)」「龍の型」などがある。

鳥の型

【準備姿勢】
足は肩幅ぐらいに広げて立つ。両手はわきに下ろす。(座式でも可。その際は浅く腰掛ける。)


【基本動作】
背骨を前後・波打つように動かす、あごでお腹を上る縦の円を描く動作。

  1. 首を遠くに伸ばしながら、前に倒れるように、あごで半円を描きながらに下げていく。
  2. 下までいったら、あごで残りの半円を描くように、背中を後ろに引きながらお腹から上りあがるように起き上がる。


【コツ】

  • 背骨を動かす事に意識する。ゆっくりと気持ちの良い範囲で動く。
  • 起き上がる時に息を吸い、下がる時に息を吐く。動く時には息を止めない。
  • 必ず、目を開けて行う。(はばたきはOK。ただし体操時は目を閉じると危ないため閉じない。)

鳥の型


亀の型

【準備姿勢】
足は肩幅ぐらいに広げて立つ。両手はわきに下ろす。(座式でも可。その際は浅く腰掛ける。)


【基本動作】
背骨を前後・波打つように動かす。あごでお腹を下がる縦の円を描く動作。(※鳥の型と逆方向)

  1. 首を縮めて、体表に沿うように、あごで半円を描きながら、亀が首を縮めて頭の先から水の中にもぐるように、あごを下げていく。
  2. 下までいったら、亀が水面から顔を上げるかのように、首を伸ばしながら、あごで残りの半円を描くように、起き上がる。首を伸ばして浮かび上がる時に、背中をそらせるようにするとよりよい。


【コツ】

  • 背骨を動かす事に意識する。ゆっくりと気持ちの良い範囲で動く。
  • 起き上がる時に息を吸い、下がる時に息を吐く。動く時には息を止めない。
  • 必ず、目を開けて行う。(はばたきはOK。ただし体操時は目を閉じると危ないため閉じない。)

亀の型

次 → 小周天気功法(その2)「熊の型」「龍の型」



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。