十二正経・経絡 - 気功.info

HOME > Web気功教室 > 十二正経・経絡

心包・三焦経のための気功法


心包・三焦は、五行では「相火のエレメント」に属し、対応する色は心包は「ピンク」、
三焦は「グリーン。対応する感情は「調和」。


心包(手の厥陰心包経(てのけついんしんぽうけい))

▼侵された時の症状:
 動悸、不眠、落ち着きがない、意識障害、健忘
 不整脈、手のほてり、足の冷え、胸痛


▼活性する時間:夜7時~9時


▼心包を守るためのおすすめ食養

  • 小麦胚芽などに含まれるビタミンE
  • トマト・レンコン・にんじん
  • ナスのへた(血圧を下げるのによい)


三焦経(手少陽三焦経(てのしょうようさんしょうけい))

▼侵された時の症状:
喉や頬の腫れ、多汗、目の周りが痛む、耳鳴り、耳が痛み、難聴、


▼活性する時間:夜9時~11時


▼三焦を守るためのおすすめ食養

  • 海藻類に含まれるヨード


心包・三焦経の気功法<1種>

▼1 メトロノームの音に合わせて、それぞれのツボをタッピング
(※ツボがわからない時は、メトロノームの音を聞くだけでもよい。)


●心包のツボ: 曲沢(きょくたく)。位置は、肘を曲げた時にできる横シワ(横紋)の上で、
曲がり目の中央にある硬い筋(太い腱)の小指側。

心包のテンポ:メトロノーム176


●三焦のツボ:陽池(ようち)手をそらしたとき手首にできるしわの中央

三焦のテンポ:メトロノーム152
曲沢のツボ


次 → 胆・肝経のための気功法


《 前 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。