十二正経・経絡 - 気功.info

HOME > Web気功教室 > 十二正経・経絡

五臓六腑・五行色体表


五臓六腑(ごぞうろっぷ)とは、東洋医学において人間の内臓全体に言い表す言葉であり、

  • 「五臓」とは、肝臓・心臓・脾臓・肺・腎臓
  • 「六腑」とは、胆・小腸・胃・脾臓・大腸・膀胱・三焦

を指す。


なお、五臓には、心包を加えて、六臓ということもある。


陰陽五行説では、この五臓六腑(六臓六腑)に、五行(5つのエレメント)を割りあて、
それぞれの役割を担わせた五行式体表がある。


五行は宇宙の5つの性質(=エレメント)の配当、出張所とは五根(ごこん)とも言い
五臓と結びついている器官。


五色とは色の配当であり、臓腑が嫌う色、五報は方位の配当、五季は季節の配当、
五志とは感情の配当であり、過ぎれば内傷を起こす。


五常とは儒教が説く5つの徳であり、五志をよく変換することで導く徳。
五味とは五臓が欲する味、病人が好む食、但し過ぎれば害とされる。


なお、五臓六腑の書かれた最古の文献は、中国最古の医学書とされる「黄帝内径」といわれる。


(陰陽五行説についての詳しくは、陰陽五行論 もご覧ください。)


五行色体表


次 → 全ての不幸の感情をリセットする方法


《 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。