全ての不幸の感情をリセットする方法 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 十二正経・経絡 > 全ての不幸の感情をリセットする方法

全ての不幸の感情をリセットする方法

1417ce24108d475e9b680f22834e3313_s.jpg


五行色体表からわかるように、
5つの感情に5つの臓器がつながっている。

怒り    ⇒ 肝臓
イライラ  ⇒ 心臓
不安 心配 ⇒ 脾臓
悲しみ   ⇒ 肺
恐怖    ⇒ 腎臓


これらの内臓が汚れると病気になるが、
内臓の働きが弱っているから、
外からマイナスを引き寄せるとも言える。


例えば、パンという音に小さくても、
ビクッと驚きやすい人は、腎臓が弱い。


イライラとし続ける環境にあると、
心臓の機能は悪くなる。


お酒や油っぽいもの、ストレスなどで
肝臓が悪くなると怒りっぽい性格になる。


肺の病気である結核が流行った頃の文学は、
悲しいことがテーマだった。


肉体は精神を病み、精神は肉体を病む。
どちらが先かはわからない。


そして、全ての不幸の感情は、
この5つのブレンドに過ぎない東洋の考え方。


手が3本の人や足が4本の人はいない。
だから、身体システムは変わらない。


つまり、これから先どれほど社会感情が変化しても、
不幸な時この5つの感情が混ざって起きるだけ。


以上がわかれば解消法は簡単だ。
各臓器にプラスのエネルギーを注ぎ込めばいいだけ。


全ての不幸はマイナスのエネルギーで出来ている。
その分のマイナスと同じ量のプラスがぶつかれば相殺してゼロになる。


手からエネルギーが出せるあなたは、
各臓器の場所に手を当てプラスのエネルギーを入れる。
(能力の伝授については、【できる人の気功術セミナー】で行っています。)

■臓器へのエネルギーの送り方

1)「手からエネルギーが出る×3回」と言い、気のボールを作る。

2)作ったボールを、各臓器の場所に最低当て、
  「○○(臓器名)にエネルギーチャージ。」
  最低1~2分そのままにしておく。

3)最後に臓器が黄金色に光り輝いたと想像し、
  収功して終了。


■各臓器の場所

臓器は直接触れないので、
体の外から臓器の位置にボールを当てるだけで構わない。

●肝臓

右の肋骨のあたり。

●心臓

胸骨へいの中間。

●脾臓

肝臓と逆の、左の肋骨あたり。
(本来の脾臓の場所とは違うがそこからエネルギーを送る。)

●肺

左右の鎖骨の下

●腎臓

左右の脇の少し後ろで腰の上あたり。


gozou.jpg


この5つが日常的に手かざしする場所。


過去に経験した全ての精神波動のネガティビィは、
どんな人でも、その人の体に記憶されている。


その過去のストレスをこの方法でリセットできるので、
日々のメンテナンスに有効。試してみたらいい。


次 → 人体箱型ロボットモデルで経絡をつかむ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。