胆・肝経のための気功法 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 十二正経・経絡 > 胆・肝経のための気功法

胆・肝経のための気功法


胆・肝臓は、五行では「木のエレメント」に属し、対応する色は「青」、対応する感情は「怒り」。


胆経(足少陽胆経(あしのしょうようたんけい))

▼侵された時の症状:
 口の中が苦く感じる・驚きやすい・不眠・頭痛・めまい・悪寒・無気力


▼活性する時間:夜11時~夜中1時


▼胆を守るためのおすすめ食養

  • ビタミンA 
  • 緑黄色野菜
  • 油っこいものを避ける


肝経(足厥陰肝経(あしのけついんかんけい))

▼侵された時の症状:
 悪心・嘔吐・下痢・下腹痛・イライラ・手足のしびれ・月経不順
 食欲不振・目の充血・めまい・耳鳴り


▼活性する時間:夜中1時~3時


▼肝を守るためのおすすめ食養・漢方

  • レバーなどに含まれるビタミンA
  • ナツメ
  • 落花生
  • シジミ
  • 雲南白薬(主成分、漢方薬「田七人参」)
  • 米酢(気虚を治すためによい)
  • 梅しょう番茶(作り方:梅干を湯呑でほぐし、純正の醤油を大匙1加えて練る。生姜のおろし汁を2滴たらし、お湯を八分目入れて飲む。)


胆・肝経の気功法<1種>

▼1 メトロノームの音に合わせて、それぞれのツボをタッピング
(※ツボがわからない時は、メトロノームの音を聞くだけでもよい。)

●胆のツボ:丘墟(きゅうきょ)外くるぶしの前方で下寄りのくぼみ
胆のテンポ:メトロノーム120


●肝臓のツボ:太衝(たいしょう)足の親指と人差指の間を甲のほうにずっとたどっていき、
止まるところ(くぼみがある)
肝臓のテンポ:メトロノーム108
丘墟のツボ


次 → 時間医学とは?



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。