中国医学の「実」と「虚」 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 十二正経・経絡 > 中国医学の「実」と「虚」

中国医学の「実」と「虚」

中国医学の「実」と「虚」.jpg

中国医学で病状を判断する際に使う考え方の一つに、
「実虚」というものがある。


実と虚とは、病気の勢いについての分類であり、
実とは気が盛んであることを指し、虚とは気が不足していることを指す。


わかりやすく人に例えてみると、
エネルギッシュで、熱や汗を発し、汗の匂いも体臭も強く、
声も大きく、エネルギーが余っていそうなことを「実」、


エネルギーが枯渇して、虚弱で、汗の匂いや体臭も薄くも、
声も小さく、エネルギーが足らないようなことを「虚」という。


病気に置き換えると、
病人の抵抗力や体力が強いが、病気も勢いが強い場合を「実証」
熱が非常に高い状態などがそれにあたる。


病人の抵抗力も体力も弱く、病気の勢いは強いまたは弱い場合を
「虚症」寒くてしかたない場合などがそれにあたる。


病気の「実」と「虚」の状態を見極める事で、
エネルギーを抜くのか、エネルギーを入れるのかの見極めがつく。


エネルギー操作をする場合は、その病状にあった対応と共に、
基本的には、「実」の場合は、エネルギーを抜いた方がよい、
「虚」の場合は、エネルギーを入れたほうがよいと考える。


次 → 1月のツボと経絡



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。