瞑想のすすめ!何もしない力を養う「ボールの瞑想」 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 瞑想法・呼吸法 > 瞑想のすすめ!何もしない力を養う「ボールの瞑想」

瞑想のすすめ!何もしない力を養う「ボールの瞑想」

40_20170109.jpg


私たちの一番の瞑想とは、
エネルギーボールを想像する瞑想。


(手からエネルギーボールを作る詳しくは、
こちらをご覧ください。)


瞑想とは、自分の心を反応させない
フラットな状態を作るための準備。


普通の人は、怒った時にプンプンという感情が立ち上がり、
その後その感情に振り回されて「アイツは嫌いだ」と思ったり、


場合によって手をあげたりする。
そして、怒ったことでより乱れていく。


しかし、瞑想が上手くできるようになると
「怒ったぞプンプン」としてもすぐに「やーめた」とできるようになる。


瞑想とはこの「何もしない能力」を養ってくれる。
反応も無視し、ただ座っているだけになる。


すると、脳が色々とやっていたことを止め始める。
悲しみも終わり、心配も終わり、焦りも終わり、


過去に対する苦しみを考えることを止め、
未来への不安を閲覧することも止め、


インターネットに接続していない
新品のPCを立ち上げた時の真っ白い画面。


この画面は赤ん坊の時は見ていたけれど、
大人になってからは見ていない。


なぜなら、今の作業を止めていないから
立ち上げた画面が何枚も重なり初期画面にはなっていない。


その状態はメモリだけ消費し続けているから、
当然全力だって出せることはない。


瞑想でただ座る。すると頭が良くなる。
なぜなら画面を全て閉じ初期画面に戻れるから。


それだけで頭がよくなり、
問題解決のための能力が使えるようになる。


頭が悪い人間など1人もいない。
しかし色々な悩みをずっと持ち続けているから、
頭を上手く働かせる暇がないだけ。


テストで計算問題を解くのにお腹が痛かったら出来ないように、
立ち上げた画面で、心配と不幸がずっと続いている。


だから瞑想をしなさい。


私たちの瞑想はただ手から出るエネルギーで作った
エネルギーボールを感じるだけでいい。それだけで瞑想になる。


手からエネルギーを出した後フィールをする。
感じられなくなったら思い描けばいい。


ロウソクを見つめてもいい。
座って呼吸を調律しながらじっとするのだ。


私たちは、エネルギーボールを感じることを思い、
映像を作り行ったり来たりすることを瞑想といっている。


そして、これだけを行い他はやらないのだ。


すると心配と不安と恐れがエネルギーボールに
注目することで消えていく。


これが心のコントロールになる。
そしてこれをやるだけでいいのだ。


マインドの調律がナチュラルにできるようになっていく。


次 → 十二正経・経絡一覧へ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。