元気になれる究極のイメージとは? - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 瞑想法・呼吸法 > 元気になれる究極のイメージとは?

元気になれる究極のイメージとは?

気の流れをよくするには.jpg

このイメージング練習は、自身のイマジネーションの力を育てることができ、
気のエネルギーを使う際のエクササイズのほぼすべてを含んでいると言っていい。


毎日数分でもいいので、ゆったりとくつろいだ時間を用意して、
このイメージングの練習をして欲しい。


目を閉じて自分の内側を感じ、その内側に幻想の空間を用意し、
そこに想いを載せ、現実に介入していく。


我を忘れるほどその幻想空間に集中できるようになったとき、
それは立派な武器になる。


その幻想空間に意識を移した後、どうなって欲しいのかを改めて
考えることが、願望実現の能力を高めていくことになる。


やり方

目を閉じて、次のようなイメージを行う。


1)あたり一面を見渡せる高原にいる。
  ダウンヒルで降りていくような角度のスロープが
  緑の草原となって麓まで広がっている。

2)高原の麓まで駆け下りる。
  麓まで駆け下りていき林を抜け、視界が広がると、
  そこにはキレイな海辺が広がっている。

3)そのままの勢いで駆けながら海に飛び込んでいく
  その海辺には、細かな純白の砂が遠浅の海まで広がっていき、
  南の島にあるようなキレイで透明な海水が見渡す限り広がっている。


 ※空は爽やかに晴れ渡っていて、風も吹いている。
 ※慣れてきたら、最後の海に飛び込むイメージの際に、そのまま行ける
  ところまで海の上を走っても構わない。


おさえておくべきポイント

  1. 山を出すこと
  2. 海を出すこと
  3. 弾むような息をしながらも、心地良さを感じること
  4. エネルギーに満ちていて「元気になっている」と思いこむこと
  5. スピードが感じられること
  6. 駆け抜けていく風を感じること
  7. 広大なイメージを持つこと
  8. 明るいイメージを持つこと
  9. 主観と客観の両方のイメージを持つこと


次 → 呼吸でエネルギーを作り出す方法



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。