手は活性化!足は浄化!簡単なこすり功法 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 準備気功 > 手は活性化!足は浄化!簡単なこすり功法

手は活性化!足は浄化!簡単なこすり功法

19_20161226.jpg

以前、腕周天功法や足周天功法を
気感を育てる方法として紹介した。


◎気感を育てる「腕周天功法」

◎足を鍛え、気感を育てる「足周天功法」


これらは非常に重要な気功法であり、
気感を育てると同時に様々なメリットがあるため
お伝えしているが、残念ながら練習したという話をあまり聞かない。


気功は日々淡々と行うもののため、
メリットや効果効能を強調することは控えることもあるが、
今回は少しでも興味を持ってもらえればと思い、お伝えする。


手に行うと活性化し、足に行うと浄化される。


活性化とは元気になることでありパワーを得られる。
浄化とはデトックスでありクレンジング。


体の循環が悪い時、手をこすればいい。
すると全身が流れるようになる。


また血液がドロドロ、腎臓の機能が悪い、足がむくむなどは
足をこすればいい。すると全身が浄化していく。


ガンなどは、活性化も浄化も両方必要だろう。
しかし細菌感染などで熱がある場合は活性化は控える。


その時、気がわからなくても構わない。
腕周天功法や足周天功法と本格的に行わなくても構わない。


ただ、軽く早くこすればいい。


軽く早くこすることで温かいという感じが出て、
エネルギーがチャージされていく。


これは気の伝授を受けていなくてもできる。


こすり方は、体の外側は外にむかってなでおろし、
内側はなであげる。すると体のエネルギーが順方向に流れる。


手であれば、腕の外側を指先に向かってなでおろし、
内側を脇に向かってなであげる。すると元気になっていく。


足であれば、膝から足首のところまででいいので、
すねの外側を足首に向かってなでおろし、内側をなげあげる。
すると浄化されていく。


19 te&ashi.jpg


反対向きの流れだと、流れがストップされるので要注意。
外は外側に向かって、内は内側に向かって流せばいい。


私たちは、この動作に気のエネルギーボールをプラスする。
そして体から10~20cm位離れたオーラクリーニングもできる。


更にこうやってボールを使って、体表面をなであげさげしているだけで、
体の内側である内部の気が動きだす。


伝統的な気功法では、エネルギーを体の中で生み
移動させることを修行したが、体の内側はモニターできず、
脳みそがうまく働かず修行の成果をうまく出せなかった。


しかし、エネルギーボールで体の外で気を動かすだけで、
それが磁石のように体内の気も動く。これは技術革新だ。


この方法を使うことで仙人になるための大変な修行法だった
小周天も簡単にできるようになっていく。


次 → やる気を育てオーラを広げる「肝伸ばし」



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。