気感を育てる「腕周天功法」 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 準備気功 > 気感を育てる「腕周天功法」

気感を育てる「腕周天功法」

気のエネルギーを感覚で感じられるようになった方は、この腕周天功法を試みてみるとよい。
腕の中を気を通すことを行うことで、より一層気感(気の感覚)が豊かになっていく。

腕周天功法Ⅰ-息継ぎ足し-

準備)肩幅程に足を開いて、立つ。(もしくは、椅子に座って行ってもよい。)


1) 手を立禅の時のように、身体の前でゆったりと大きな木を抱え込むように手を構える。
そのまま深呼吸をしていると、手がジンジンと暖かくなる。


2) 手から気エネルギーを出し、息を吸い込みながら、左腕の内側を5cm程離れた場所を、
右の手のひらで、左手の指先から肘のあたりまで何度もなぞっていく。
左腕の中に、気エネルギーが吸い込まれ移動していくように、なぞっていく。
肘まで暖かくなった感覚が出るまで、何回もゆっくりと行う。
呼吸に合わせて吸い込むと、より気の感覚がわかりやすくなるだろう。


3) 次に、左肘から左胸まで、同じように息を吸い込みながら、右の手のひらで何度もなぞる。
胸まで来ると、胸の中がジンジンと暖かく感じることがわかるだろう。


4) 次に、手を変えて、右胸から、右肘までは、右腕の外側を、左の手のひらで、
何度もなぞりながら、気を外に出していく。


5) 肘まで来たら、手首まで、手首まで来たら指先まで、右の腕の外側を左手のひらで、
なぞりながら、気を外に出していく。これで、気が身体を一周したことになる。


6) 2)~5)を息を継ぎ足しながら、複数回行う。左腕のなぞる部分は、内側を、
右腕のなぞる部分は、外側で行いながら、気を流していく。


7) 「収功」をして、終了する。
※上記は、左で吸い、右で出す形だが、右で吸い、左で出す形のほうがやりやすい人は、
その形でやってよい。人によって異なるため、気持ちの良い方向で続けて練習してよい。


腕周天功法Ⅱ-片側一息-

腕周天功法Ⅰがうまくできるようになったら、片側を一息で行うとよい。


1) 腕周天功法Ⅰと同じ体勢で、手から気エネルギーを出し、


2) 右の手のひらで左腕の内側をなぞり補助しながら、
吸う息と共に、左腕の指先から、肘、肩、胸まで気エネルギーを一息で通す。


3) 次い、左の手の平を右腕の外側をなぞり補助しながら、
吸う息と共に、右腕の旨から肩、肘、指先まで気エネルギーを一息で通す。


4) 2)~3)を、片側一息で、複数回行う。


5) 「収功」をして、終了する。


※上記は、左で吸い、右で出す形だが、右で吸い、左で出す形のほうがやりやすい人は、
その形でやってよい。人によって異なるため、気持ちの良い方向で続けて練習してよい。


腕周天功法.jpg


次 → 足の気を育てる準備功「足八の字」



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。