手のひら開発法 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 準備気功 > 手のひら開発法

手のひら開発法

気の感覚(気感)を高めるために、手のひらを開発していくとよい。
手のひらの開発法をいくつかご紹介する。


  • 指のストレッチ(3種)

①指を広げた形の手で、左右の指を合わせ、押し合う。

②親指を、反対の手で握りこみ、後ろに軽く反らす。(左右、親指から小指まで各指1本ずつ。)
十分に伸びた感じがあればよい。痛くなるまで行わない。

③両指を交互に合わせて握りしめ、組んだ手の上下を変えて組んでみる。
どちらか片方が自然な感じで、反対にすると違和感があることが多い。
違和感がなくなるまで、交互に組み合わせていくと、違和感がなくなるようにする。
右脳と左脳のバランスが整っていく。いつでもどこでもやればよい。
指のストレッチ


  • 手まさつ

・両手をこすり合わせて熱くする。36回。熱くなったらそのまま離さず、熱を感じる。
冷たくなってきたら再びこする。この繰り返しを行う。手の気感が育つ。


  • 爪モミ法

・爪のつけ根あたりを左右から、もう片方の指でつまむようにし、押したりもんだりする。
(左右、親指から小指まで各指1本ずつ。)
爪モミ法


  • 指回し気功法(手からエネルギーが出る伝授を受けている方用)

・両手を合わせて、「手からエネルギーが出る」と3回言い、気エネルギーを出す。
・その状態のまま、指を1本ずつ同一方向(右回り)に指回しを行う。
指回し気功法


次 → まさつ導引法



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。