二人ペアで行う背中ほぐし体操「背中トントン」 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 準備気功 > 二人ペアで行う背中ほぐし体操「背中トントン」

二人ペアで行う背中ほぐし体操「背中トントン」

背骨をほぐし、気を通しやすくするため、体操の途中などの休憩の代わりに行うとよい。



【準備姿勢】
・二人一組となり、施術者と被施術者を決める。
・被施術者は、だらんと前屈した姿勢。
・施術者は、卵を軽く持つように手を丸め、
 小指の側面で被施術者の背中をたたく準備をする。


【基本動作】
①施術者は、被施術者の背後(尻の方向)に立ち、背骨の両サイドを、
 腰から背中にむかって、すばやくリズミカルに叩く。

たたく部分は、背骨を叩くのではなく、
背骨の両サイドの盛り上がった部分である脊柱起立筋を叩く。

たたく速度は、1秒に3-4回程度のスピード。


②背中の上(胸裏)まで叩いたら、施術者は被施術者の頭の前に立ち位置を変え、
 背中の上から、首元まで叩く。


③首元までたたいたら、再度首元から背中の上(胸裏)まで叩く。


④背中の上(胸裏)まで叩いたら、施術者は被施術者の背後に立ち位置を変え、
 背中の上(胸裏)から、腰まで叩く。


⑤以上①~④を数回繰り返す。


⑥終わったら、被施術者はゆっくりと起き上がる。
 急に起き上がると、脳貧血のようになるので、気をつけること。


【ポイント】
・背骨は絶対に叩かない。(叩く場所は、背骨の両脇の盛り上がった部分/脊柱起立筋)
・たたく強さは、腰あたりは多少強くてもよいが、首元から首下あたりは繊細な場所のため、
 やわらかく叩く事。
背中ほぐし体操

※クリックすると、拡大します。


次 → 全身に気を流す簡単気功法



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。