腹筋や背筋を鍛える体操 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 準備気功 > 腹筋や背筋を鍛える体操

腹筋や背筋を鍛える体操


気功を行っていると、筋力が落ちたなと実感したり、
腹筋や背筋を鍛えたい気持ちが出る。


筋力アップや準備運動として、以前体操教室で行っていたものを1つご紹介する。


《腹筋や背筋を鍛える体操》

①うつむせに寝て、手のひらを胸の横につける。(腕立て伏せの準備の状態。)

②息を吐きながら、腕を伸ばす。(腕立て伏せで、腕を伸ばした状態。)

③伸ばした腕を少し曲げる。身体は床にはつかない。

④息を吐きながら、腕を伸ばす。(腕立て伏せで、腕を伸ばした状態。)

⑤横から見ると床と身体で三角形になるように、尻を持ち上げる。

⑥②~⑤を繰り返す。目標36回。
負荷をかけると身体能力はアップするが、無理のない範囲で行うこと。
筋力アップ法


次 → あらゆる事の終了時に行う「収功」



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。