あらゆる不幸を終わらせる!ベロ緊張の介入法 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の応用知識 > あらゆる不幸を終わらせる!ベロ緊張の介入法

あらゆる不幸を終わらせる!ベロ緊張の介入法

37_20180417.jpg


すべての不幸は緊張を伴う。
すべての幸せはリラックスを伴う。


やったぁー!という時、心拍数が増え、
血圧は増大し、交感神経が増大しているように見えるが、
基本的には開放感ということでリラックス。


全ての不幸は筋肉を緊張させて耐えている。
リラックスは、筋繊維の緩みを伴う。物理的現象として。


すると、いっそのこと他の場所を意識的に緊張させてしまえば、
外からやってくる不幸のラインがそこで入れ替えることができる。


ドミノが倒れている。嫌な事があった。
イヤー!という感情とイヤーという反応を体がやりだす。


そのドミノが倒れ続けていくある場所から、
筋緊張というスイッチが入っていく。


それに、身構えるように筋肉が緊張する。


その時にベロの形はLでもRでも尖らせてままでもいいので、
ベロを上の口蓋に貼り付けるように、


口を閉じたまま、
舌を上の歯の付け根や、上あごやギュッと押し付ける。


37_sita.jpg


このベロ緊張を作らなければ、
その嫌な事によって心理的ダメージや精神的ダメージ、
肉体的ダメージやエネルギーのダメージにドミノが進化していく。


しかし、ベロを上に押し上げる緊張をすることで、
ドミノの緊張のラインは、ベロ緊張ラインに切り替わる。


それはまるで走ってきた電車を、
分岐器で線路を切り替えるかのようにだ。


最大の緊張を作っているベロ緊張は、
なんら心理的状態を伴っていないため、


そのベロの緊張を解くと、
最初のイヤーが自然と消えてしまう。


心の処理でなんとかしようと思うからなんともならない。
しかし、その心配、不安、怒りは必ず筋緊張を伴う。


ならば、それより強い筋緊張をかける。
するとそのストレスは消えるのだ。


もちろん、ベロ緊張でなくても、
ダンベル上げでも構わない。


しかし、ダンベルをいつも持っているわけではないので、
一番手っ取り早くやれるベロ緊張を紹介した。


次 → 準備気功



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。