チャクラオープンなど身体スイッチの秘伝 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の応用知識 > チャクラオープンなど身体スイッチの秘伝

チャクラオープンなど身体スイッチの秘伝

04_20171108.jpg

三密加持と目線のように、
身体の生理現象には色々なスイッチがある。


《参考》過去や未来の情報にアクセスできる「目のスイッチ」


もちろん、ツボなどもスイッチの1つとも考えられる。


《参考》眼精疲労などスッキリのツボ「攅竹」

《参考》花粉症など鼻の症状にいいツボ「迎香」


気功の動きでは、
スイッチを活用したものが多くある。


例えば、両足を揃えて立つと外からの刺激が入らないため、
閉じこもることが可能になる。


つま先が内側でかかとを外側に広げてハの字にすると、
体力と気力が増える。


つま先が外側でかかとを内側にした逆ハの字にすると、
エネルギーを放出する。つまり漏れる。


エネルギーが多すぎたら出したほうがいいし、
少なすぎたら増やしたほうがいい。


そのよしあしはその時の個人次第ということ。


また、私に講座中は片足前にしていることが多い。
片足を前に出すとエネルギーの交流ができるからだ。


エネルギーのやり取りができることで、
積極的に相手のことがわかり、夢も早く叶いやすい。


04suiti.jpg


他にも、鼻こすりは
感情のエネルギーにアクセスできる。


泣きそうだったり怒り出しそうだったりと心を制御したい時や、
ネガティブな感情をなんとかするのに鼻をつまんだりこすったりする。


子どもの頃よくやった巻き舌、今でもできるかい?


RRRRRRRと巻き舌のように舌を動かせると、
気の感覚がわかるようになってくる。


だから気のボールがよくわからない人などは、
これを試してみてもいいだろう。


特に舌は触覚全部を作ることができる。


舌を上あごの歯の付け根にタッチすると、
頭頂の百会のチャクラが開く。


舌を下あごの歯の付け根にタッチすると
仙骨のチャクラが開く。


04suiti2.jpg


武道家は仙骨は開いている。
仙骨は開くと今できるが、今できることしかない。


神様使いは百会を使う。
百会が開くとこの世で全く可能性が無かったことに対して、


新しく始められる希望の能力。
でも現実に落とし込む力は弱い。


百会は天の気を集め、仙骨は地の気を集める。
つまり、願い事を叶えるには百会と仙骨の両方が必要。


だとしたら、願い事を想像したら
上あごの歯の付け根に舌をタッチして百会のスイッチを入れる。


そして、よしできる!と確信したら、
下あごの歯の付け根に舌をタッチして仙骨のスイッチを入れる。


あまり語られていないけれど、
私たちはよく使っている体のスイッチの秘伝だ。


簡単で誰でも使える便利なスイッチなので、
ぜひ日常的に活用したらいいだろう。


次 → 準備気功



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。