三密加持は全脳モードのスイッチ - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の応用知識 > 三密加持は全脳モードのスイッチ

三密加持は全脳モードのスイッチ

02_20171023.jpg


「手からエネルギーが出る」を3回言う時の、
それぞれのポイントとその背景をお伝えした。


《参考》エネルギーボールを出す時のポイントと背景


そして、それは三密加持の口密・身密・意密を
巻き込む方法だということをお伝えした。


ただ人は偏りがあり、タイプがある。


タイプを見極めるには、
相手に正面から何か質問を投げかけた時に、


視線が斜め上に移動したらビジュアルタイプで、
イメージ優位型。


一瞬シュッと視線が横に移動したら声を聞いているから
聴覚タイプ。つまり、言葉だ。


そして、目が斜め下に移動したら、
感覚をトリガーとして引き出そうとする触覚タイプ。


そうやって目の動きだけで
相手のメインチャンネルを知ることができる。


《参考》過去や未来の情報にアクセスできる「目のスイッチ」


そして、これを応用すると、


1回目の「手からエネルギーが出る」と言ったら、
目を横に移動させる。


2回目の「手からエネルギーが出る」と言ったら、
目を下に移動させる。


3回目の「手からエネルギーが出る」と言ったら、
ボールの映像を作る時に、一瞬目を上に向ける。


すると、あなたがどのタイプであろうとも、
脳みそ全てを使ってシンキングし始めることになる。


密教を作った弘法大師 空海は、
この3つを全て同じことに対して作って保持しろと言った。


《参考》空海の能力開発法「三密加持」


三密加持という言葉通り、
合計して加えてキープしろと言っている。


人間の情報回路はこの3系統しかない。
それは、聴覚、視覚、その他。


舌の味覚や鼻の嗅覚は触覚と考えていい。
これは人間の生理的構造を踏まえたすごいアイデアなのです。


人はだいたいメインチャンネルは1つ。つまり2つは欠けている。
だから欠けている2つを乗せて初めて集中したと言うのだ。


次 → 未来を明るく!心のエネルギーを生み出す言葉のスイッチ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。