癒しと慈悲の力を発揮し未来を作るマントラ - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の応用知識 > 癒しと慈悲の力を発揮し未来を作るマントラ

癒しと慈悲の力を発揮し未来を作るマントラ

1425977_99484003.jpg


「オーン サルバ マンガラーム」


この言葉を唱えるだけで、
あなたの中の優しい気持ちを育ててくれる。


これは「無理!できない!」と、
余裕のない不幸なあなたにピッタリのマントラだ。


考えたことはないだろうか?


もしも、お金で不自由しなかったら、
自分がどうなっていたか?


もしも、親がお金持ちだったら、
もしも、あの時勉強していたら、
もしも、望む大学に入れていたら、
もしも、望む仕事についていたら、
もしも、あの人と一緒だったら、と。


あなたの夢が全て叶っていて、
何不自由もなく育っていて、
体も心も病気でなかったとしたら、
今あなたはどうなっていただろうか。


あの時夢見たあなたは本物。
しかし、あなたはその思いを全て忘れてしまった。


それではいけない。
子どものあなたと大人のあなたが繋がっていない。


無意識がその選択肢を諦めた数だけ、
分裂し、統合されていないことを表す。
そして1個1個がシャドウと化し、影となっている。


そして、その夢を連想させるものを、
積極的に嫌いにさせているのかもしれない。
思い出せないように現在に埋没しているかもしれない。


病気とは、そうやってなっていく。
病気は、置き去りにしたもう一人が見ている夢。


あなたが捨て去った人生の、
もう一つの夢が、忘れないでくれよと
悲鳴を上げ、悪夢を見せている。


だから、その夢や無意識まで巻き込み、
癒しや慈悲の力を発揮するように、
このマントラを唱えるのです。


過去の全ては必要なプロセスと考えて、
全て許してやるのだ。


あなたの敵も味方も、至らない自分も、
あれはあれでよかったのだ。


手からエネルギーが出せる人は、
マントラを唱える時に、一緒に
エネルギーボールを黄金色の光で輝かせるといい。


未来をうまくいきたいなら、こう言えばいい。


「オーン サルバ マンガラーム。これから、きっとうまくいく。」


そして、過去の不幸を消すときには、
白い光のエネルギーボールをイメージし、
こう言えばいい。


「オン・シュダ・シュダ×3回。あれはあれでよかったのだ。」


《参考》潜在意識を浄化するマントラ 


そして、過去と未来を繋ぐ現在の私として、
「良い人間になります。ありがとうございました。」
と言って終了だ。


次 → 「チーム我」という生き方



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。