隠れた気功のテーマ「共生」 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の応用知識 > 隠れた気功のテーマ「共生」

隠れた気功のテーマ「共生」

male-and-female-dragonflies-1446389-m.jpg


共生-Living Together。
これが生命の基本原理。


生命は弱肉強食の進化ではなく、
異なる生命体が共に生きていくことが最重要課題。


80年代論文が出た時、散々非難された「細胞共生進化説」。
今では、スタンダードな学説になっている。


私たちの遺伝子は、細胞核、ミトコンドリア、鞭毛という
異なる仕事をしている三人が、細胞内という同じ部屋に
住みついた時から、多細胞生物の進化の道が始まった。


それは最初から共食いして潰しあうのではなく、
共に生きていく事を選んだということ。


大げさにいえば、ミトコンドリアがある日「さようなら」
と出ていくだけで、生物は死に絶える。


命の発生が共生から始まっているのなら、
愛したり、愛さられたりということが根底にあるという事。


その親切で、優しくて、一緒に生きていくという関係性が
命の情報だと選ぶものこそが、進化していける。


そして、生物の基本原理が共生だと知ったら、
あなたが取るべき戦略が変わっていくのではないだろうか?


命の原則を知り、構造の背後に隠れている
宇宙の理法を利用できるようにソフトを組み替える。
それがエネルギーを使えるようになるということ。


ヒーリングの根幹に、弱肉強食と、強いものが正義で
最後に勝てばいいという思いがあれば、体の中に発生した
病原菌へのアプローチは戦いしかない。


しかし共生という理解が入る事で、
病原菌へのアプローチが別の視点でも見えてくる。
私はこの別の視点-共生-で大きく変化できた。


ここでの1年プログラムの
前半に学ぶフェーズ1の小周天が、
この3人が1つの細胞になるまでの物語だとしたら、


1つの細胞が多細胞に代わり共生進化するのが
後半に学ぶフェーズ2の大周天の道。


あなたは一人で生きているつもりかもしれない。
しかし、あなたの体は60兆の細胞×3倍。
この3人の意志が、共に生きて行こうと決めてるのだ。


あなたの細胞の中に眠っているこの情報、
今日も生きて行こうという思い、その思いの
根底に愛があり、一緒に生きていく親切がある。


あなたは一人ではない。
あなたの体の中に眠っている意志も思いもある。


それらがあつまって発生した命の力であり、
あなたが生きている限り消える事のない60兆細胞の希望。


臓器移植でおかしいと思ったことはないか?
各臓器は臓器移植に対して何時間以内というガイドラインがある。


それは、死ぬタイミングが違う臓器もまた別の生き物。
内臓もまた、共生してあなたと生きていこうとする別の意志の力。


あなたの脳みそは嫌な事があったり辛い事があると、
なぜ生きているのだろう?と思うかもしれないが、


あなたの脳みそは本来、それらの意志を受け止めて、受信し、
その道に沿って行こうとする全体のコントローラーであるべきだ。


あなたは、1人で生きているのではない。
60兆の細胞や内臓などと共に生きているのだ。


次 → 癒しと慈悲の力を発揮し未来を作るマントラ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。