はたきで邪気退散「麻と竹」 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の応用知識 > はたきで邪気退散「麻と竹」

はたきで邪気退散「麻と竹」


易の筮竹は、竹で出来ている。何故だか、考えた事があるだろうか。
理由は、竹は、オーラが残らない。そして、高次元の気が入りやすい。


同様に、麻も同じ性質を持っている。
麻紐は、電磁波避けとして、パソコンと自分の間に1本引いておくとよい。


そして、このことを知ると、
神社のご神事で使っているのは、「竹」と「麻紐」であることがわかるだろう。


昔の掃除用具でもあった、ほこり取りをする「はたき」
これは、柄の部分が「竹」、上についている布が「麻」でできているのが元の形だ。


この「はたき」には、気がはいる。
そのため、これで掃除するだけで、物質的にほこりを取るだけでなく、
家中の邪気も払い、クリーニングができてしまう。


オーラ視でスキャンニングしてみると邪気退散の効果があるのがわかる。
物質的なほこり掃除は現代の掃除機に負けるかもしれないが、
見えない世界の邪気掃除は、竹と麻でできているはたきがお勧めだ。


布がナイロンのものしかなければ、簡単に自作してもよいだろう。
作るとしたら、柄の長さは30cm以上、太さは1cmが理想。
そして、はたく部分(布・紐)が20cm弱位の長さでよい。


この「はたき」は、人間の邪気もキレイにできる。
腰が痛い、肩が痛いなどは、邪気がたまっている。
その部分をそのはたきではたいてもよいだろう。


または、名前を書いた浄霊表をはたいて、邪気を払ってもよい。
(浄霊表の詳しくは「名前の文字を通して気を読む「浄霊表」を ご覧ください。」


「竹」と「麻」の性質が邪気のあるものに対し、接触した瞬間に、
それ自身に移り、放電してしまう。


金属の棒はや光ファイバーなどでも試してみたが、邪気を払い、
高次元の気を通すことができるのは、この2つの素材が最適と考える。


邪気退散.jpg


次 → 気功的「花粉症対策」



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。