目で気を吸い込む「眼球疲労解消法」 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の応用知識 > 目で気を吸い込む「眼球疲労解消法」

目で気を吸い込む「眼球疲労解消法」

眼球疲労解消

目は物を見る時に、こちら側の意識が出ると同時に、気エネルギーも出ている。


パソコンや本を見ていると、目がショボショボしてくるのは
気エネルギーが足らなくなるためであり、
その蓄積が、疲れ目やドライアイ、眼精疲労などになる。


そのため、物を見た後に、逆のベクトル、つまり外側から自分側に気エネルギーが
入ってくるというエネルギーの流れを意識するだけでエネルギーチャージとなり、
疲れ目の解消となる。

吸う息と共に、エネルギーが入ってくるとイメージすればいいだけだ。


気のボールを使った眼精疲労解消法も紹介する。


■眼精疲労解消法■
1)合掌し、「手からエネルギーが出る」と3回と言い、エネルギーボールを作る。
2)エネルギーボールを、眼球に入ったイメージをし、
眼球から目の疲れや疲労物質が、黒い煙や白いススとなって消えていくのをイメージする。
3)そして、眼球に入ったエネルギーボールを、勢いよく抜出し、宇宙の果てに捨てる。
勢いよく抜き出すのは、エネルギーボールと共に、疲労物質も一緒に抜き取るため。
4)再度、エネルギーボールを作り、今度は眼球の入った目のくぼみ(図の赤い部分)に入ったと
イメージし、眼球の時と同様に、目の疲れや疲労物質が、黒い煙や白いススとなって
消えていくのをイメージする。
5)そして、目のくぼみに入ったエネルギーボールを、勢いよく取り出し、宇宙の果てに捨てる。
6)1)~5)を左右の目に行う。


次 → 幸せを集め、邪気を払う植物「万年青と南天」



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。