自我を解放する「顔の筋肉マッサージ」 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の応用知識 > 自我を解放する「顔の筋肉マッサージ」

自我を解放する「顔の筋肉マッサージ」

自我を解放する「顔の筋肉マッサージ」.jpg

女性が悲鳴を上げて、まっすぐ固まって倒れる・・
そんな、昔のサイレント映画を見た事がある人は、疑問に思った事がないだろうか?


映画だからと思っていないか?あの時代、本当にあのようにすぐ卒倒する人がいた。
慢性のヒステリー状態だ。色々抑圧されている概念を強要された結果だ。


心理学者のフロイトの用語で言うと「ヒステリー」簡単に体が硬直する現象。
まず、首が回らなくなり、視野狭窄が大きる。左右の見える範囲が極端に狭まる。
上下の範囲も狭まり、見えている部分は僅か。


脳・神経の病気である、パーキンソン病の患者の顔を見ると、能面のような顔をして、
目がギョロっとし、笑わない。心の病気の方も笑わない。


我々はそのような患者に会うと、意図的に顔を触る。
非常に怖がられ、逃げられる。

しかし、手から気エネルギーを出し、顔を揉んでいき、笑ってみていただく。
ほとんどの場合は、最初は笑えないが、少しずつ笑えるようになる。


顔の筋肉が自我を表す。
手から気エネルギーを出しながら、
顔のマッサージをし、顔の緊張を解していく。
すると、身体の強張りが少しずつとれる。


我々は、心的ストレスや過去のトラウマは暴かない。
その代り、今の身体を揉む。
心の強張りは、身体の強張りに過ぎないからだ。


心的ストレスや過去のトラウマを暴く事で、
患者はもっと傷つき、もっと強張る事を知っているからだ。
患者は身体を強張らせる事で、全てを抑制している。
そのことに立ち向かう程の気力も体力も回復していない。


私というパーソナリティは筋力の圧力で出来ている。
身体の筋力をほぐしていく事が、心の抑圧をほぐしていく事にダイレクトに繋がる。


昨今、女性の若返りで、様々な顔のマッサージ法があるが、
適度な力で顔をほぐしていく方法のであれば、どれでもよいので、試されたら良い。


身体と心はつながっている。
顔が柔らかくなることで、自我が解放され、必ず心も柔らかくなる。

次 → 若返りと自我の解放「顔の筋肉マッサージ法」



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。