自然治癒力UP「バッチ博士のフラワーレメディ」 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の応用知識 > 自然治癒力UP「バッチ博士のフラワーレメディ」

自然治癒力UP「バッチ博士のフラワーレメディ」

フラワーレメディ.jpg

世の中には、様々な気の波動を使った物が存在する。
唯一講座で参加されている方に紹介している物がある。
それが「エドワード・バッチ博士のフラワーレメディ」だ。


私は、エドワード・バッチ博士のレメディ開発に対する
執念のような熱い思いに強く賛同する。


彼はイギリスの医者だが、イギリスでは外科・内科・婦人科、
すべての科で免許が異なり、都度免許を取得する必要がある。

また、勤務医と開業医でも資格が別。彼は全ての免許を持っていた。
西洋医学のエキスパートであり、御殿医のような存在だった。
そのままいれば、人生も安泰な状態にまであった。


しかし、彼は西洋医学では治せないと限界を感じ、
次に、ホメオパシーの研究を始めた。

ホメオパシーは西洋の漢方や生薬のようもので、
成分を抽出し、合成せず、自然界に存在しているものをそのまま薬に使っている。


研究をしているある時、彼はある事に気がついた。
ある痛み止めの薬が、悲しみを持っている人には効かない。

心のパターンが、薬の効用に影響している予測をつけ、
心のパターンからの方向性で治せる薬を考えた。


そして、心のパターン7種類にあわせた薬を開発した「7つのワクチンノート」。
この薬は世界中で売れ、財産的にも余裕が、出来たため、もっと研究を進めた。


この7種類をもっと精密にしたのが、今のフラワーレメディだ。

彼は、この開発途中で激務が重なり、自らが病気にかかっている
事に気がつかず、倒れ、その中でも、研究を続けて完成させた。

その間、彼は失明し、命をすり減らしながら見つけていった。


彼が作ったレメディは、レメディ=治療薬と名付けられる。

フラワーエッセンスでも、エッセンシャルオイルでもない、
彼は、この薬を使って、癌もリュウマチも、ペストもコレラも
全て治したからだ。それも全て心のパターンを元にして。


この薬は、キリスト教というよりは、私たちの神道に近い。

心を清め、汚れを取り除く。人間の本質の中の完全性を
見出していくという発想で造られた薬だ。自然治癒力を助けてくれる。


興味がある方は、レメディ38種類の名前や効能を覚えたらよいだろう。

また、レメディを紹介すると、以下のような質問を
受けるので、ここで一通り紹介しておく。


Q:どれが、自分に合ったものがわからない。

A:ここでお勧めするのは、全セット購入し、
  1番から順番に飲んで味わってもらうこと。

  口の中に垂らすのなら、1滴でよい。
  ペットボトルの水に入れるのなら2-3滴でよい。
  何種類も混ぜないほうがよい。混ぜても2-3種類。


Q:自分の中で葛藤があって、飲みたくない気分がする。

A:ほとんどの場合、自分の性格のものを自分で選ぶ人はいない。

  飲みたくない気分なら、逆に効く。飲んだほうがよいだろう。
  そういう時は、レメディの種類を家族や友人などに選んでもらってもよい。


※エドワード・バッチ博士のフラワーレメディの紹介に限定し、
特定の団体や販売業者を紹介するものではありません。


次 → 波動の性質を高める「ホメオパシー希釈法」について



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。