気の基本知識 - 気功.info

HOME > Web気功教室 > 気の基本知識

気のボール(基本編)

我々の気功教室では、気エネルギーを出せるようになるために、
対面で講師が、直接エネルギー調整や伝授を行い、
その場でエネルギーを出せるようになってもらっている。

(気功教室の詳しくは、「気功をもっと知りたい方へ」をご覧ください。)


気エネルギーは情報のためパッケージ化し、PCに新しいソフトをインストールするように、
我々自身に直接インストールすることが可能である。

気のボールの作り方(※直接エネルギー調整や伝授を受けたもの限定)

  • ステップ1・・・手の感度をアップする

両手を合わせて擦り合わせる。熱くなったら止め、そのまま話さず停止。それを何回か繰り返す。
その後、そっと手のひらを数センチ離すと、なんとなく熱感を感じられるかもしれない。
手の意識を高めていく。



  • ステップ2・・・言葉で命令を出す

エネルギーを出す際には、合掌し「手からエネルギーが出る」と3回繰り返し言い、
言葉で命令をする。
その後、そっと手のひらを数センチ離すと、ステップ1の時より強く感じるかもしれない。



  • ステップ3・・・イメージや感覚で、気エネルギーを集める

言葉で命令を出した後、周りの空気を集めて、空気のおにぎりを作るかのように、
指や手を動かしながら、空間上をこねる。同時に視覚イメージも作り、
なんとなくその空間に風船やボール、シャボン玉のような球形があるかのように想像する。


あるいは、目を閉じて、自分の内部イメージ空間にイメージのボールのようなものが
浮かんでいると想像しながら、実際に手指をこねて動かしてもよい。



  • ステップ4・・・集めた空気を圧縮する

集めた空気を圧縮し、グレープフルーツ大のエネルギーボールになった姿をイメージし、
言葉で「ボールになれ」と命令する。
ボールの色はこの段階では何色でもよい。透明でもよい。



  • ステップ5・・・できたボールを触れて楽しむ

できたボールを触れながら、色々な訓練をし、気の感覚を訓練したり、
実際気のボールを使ってみる。


●気エネルギーが、ボール内部にどんどん収容されるイメージをしてみる
●気エネルギーの外側が薄い膜状に変化し、内部に空白ができるイメージをしてみる
●エネルギーボールを持って動かしてみたり、自分の身体に接触してみる
●エネルギーボールに移動を命じて空間上を動かしてみる
●エネルギーボールの大きさを拡大したり、縮小してみる
●エネルギーボールから両手を離して空中に浮かべてみる
●エネルギーボールを対象物に接触させ、ボールのエネルギーが対象物の中に入ったイメージをしてみる


ここでできたエネルギーボールは、あなた自身の内気を巻き込むようにして
作られてはいるが、一般的な中国式気功法の概念の「気」とは少々異なり、
あなたの内気だけではない。


大自然や宇宙エネルギーも含まれ、気の波長が異なる。
異なる波長は、性質も違い、働きも違って、効果も異なると考えてほしい。


気のボール


次 → 気功とは仙人の修行法


《 前 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。