食べ物で気を増やす「食養」(2) - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の基本知識 > 食べ物で気を増やす「食養」(2)

食べ物で気を増やす「食養」(2)

31_20170508grepefruit.jpg

食養は、食べ物を変えていく事で一番簡単に始められる気功法の一つと伝えた。
食べるとすぐに気のエネルギーが増える食材として3つ紹介する。


ピーマン


ほうれん草


グレープフルーツジュース


この3つで一番簡単で手軽としたら、
「100%グレープフルーツジュース」だろう。


もちろん生のグレープフルーツでもいいが、
量を取るのならばジュースがいい。


これはオレンジジュースでもグレープジュースでもない。
気のエネルギーの感覚化することができ、


自分でエネルギーチェックができないと、
グレーフルーツが一番凄いといわれてもわからないだろう。


だから果糖やビタミンがあるからではない。
そしてグレープフルーツジュースはオーラ視をすると
ひときわキラキラと美しいオーラを放っている。


つまりこれは飲むオーラ飲料と言っていい。


もちろん、この3つの食材以外にも、
先に書いた「ヌルヌルの食材」などもエネルギーを増やす。


《参考》食べ物で気を増やす「食養」


またサプリメントとしては、
ビタミンCやスピルリナもいいだろう。


一般的なビタミンCはブドウ糖などが入っているから、
純粋なビタミンCのL型アスコルビン酸でもいい。


スピルリナはそれだけ食べていても
大丈夫な食材といわれる完全食品。


疲れた時、あなたのオーラも凹んでいる。
それを食材で補充しようというこの食養というアイデア。


現代人として生きている私達は
古代人と違い様々な情報や知識を獲得している。


ゆえに手から出るエネルギーだけでなんとかするのではなく、
様々な方法、ノウハウ、情報を活用して
健康に、安心に、幸せになっていったらいいだろう。


次 → この気功では心配いらない「偏差」(気功の副作用)



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。