物で水にアプローチする「鍾乳石」と「黒曜石」 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の基本知識 > 物で水にアプローチする「鍾乳石」と「黒曜石」

物で水にアプローチする「鍾乳石」と「黒曜石」

36b4da553b670406918232b63d5014f4_s.jpg


鍾乳洞の近くで売っていたりする鍾乳石は、
白い色をしていて陽の働きをする。


黒曜石は割ると硬いガラス製の
旧石器時代に刃物に使った黒い石で陰の働きをする。


この2つを、
消しゴムぐらいの大きさでよいので用意する。


そしてよく洗って煮沸消毒をした上で、
2つの石を入れた水を作る。


早く作りたければに出せばいい。
あるいはそのまま数時間置いたものをを飲む。


陽である鍾乳石には夢と希望を入れる。
もしくは感謝のエネルギーだ。
これはフワッと広がっていく拡散したエネルギー。


つまり、手からエネルギーを出しボールを作り、
ニコニコと笑い「嬉しいな、楽しいな」と
夢と希望を思い、太陽の明るい光と共に、
鍾乳石にそのエネルギーを入れる。


感謝できるのなら感謝のエネルギーを入れる。


陰である黒曜石には許しのエネルギーを入れる。
「許して下さい」だ。
これは石が吸い込んでいくエネルギー。


手からエネルギーがを出しボールを作り
「許して下さい」「主よ、許したまえ」と入れたら、
そのエネルギーを黒曜石に入れる。


このように2つの石に、
それぞれのエネルギーをチャージする。


そしてこの2つの石を入れた水で、
陰陽ウォーターを作る。


これを神秘的行為にしたらいい。
義務でやらない。趣味と興味でやるのだ。


できた水は、朝の一杯のコーヒーから、
日常的に使ったらいい。


飽きたらやめたらいい。
しかし、せっかくだから石は捨ててはいけない。


あなたが困った時や病気の時に、
役立つかもしれないのだから。


私たちの体は7割は水分。
ゆえに水にアプローチし良くしていくことは、
非常に有効な技。


《参考》自分の体は自分の思いでできている


絶対にやらなければいけないことではないが、
能力がない時には、物に頼ったらいい。


注意点が1点。他の石を入れることは禁止だ。
どの石でも水に入れればいいものではない。


水に入れれば毒になる石もある。
例えば、緑青でアズライトとかがそうだ。


そのあたりは、大人としての判断の上、
十分気をつけて行うように。


次 → 簡単に水にアプローチできる「磁石」



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。