気功に役立つ小脳の機能を知る - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の基本知識 > 気功に役立つ小脳の機能を知る

気功に役立つ小脳の機能を知る

e7dcef29183cd2a7946b6f4d2d2b692c_s.jpg

2-30年前に脳科学の研究で賞を取った
小脳の解析がある。


それまでは、小脳はただの運動中枢、
運動記憶部分だと思われていた。


テニスの動作、ピアノの動作など、
手が指が勝手に動くという運動機能。


小脳は系統発生的に鳥の脳。


しかし、鳥の脳は、私たちが思っている以上に、
もっと高度な機能を持っていた。


例えば、鳥は相手が決まったら、
一生添い遂げる。途中で浮気する事もない。
相手が死んでしまったら、その後はずっと未亡人。


例えば、鳥は巣の位置をどうやって
見つけるのだろうか。空から見た森は全て森。


まるでブロッコリーの海にしかみえない。
そこから、自分の巣をやすやすと見つける。


空間の高度な認識が備わっている。
それが小脳。


運動機能だけでなく、英単語を新しく記憶する能力、
数学の問題を解く能力、落ち込んでいる気持を立て直すなど、


計算能力、推理能力、高度な感情処理など、
すべて小脳がやっている。


別の記事で、運動すると記憶と計算が向上する、
計算問題を解くだけで運動機能が向上する、という話をしたが、
これは全て小脳の機能が司っているからだ。


参考《脳科学からわかる気功をやる理由》


このように、小脳には、運動機能、記憶、計算、推理、
高度な感情処理など、人が必要とする基本スペックがある。


そして、筋トレで脳みそが発達し、
運動機能と感情の機能ともリンクする。


ゆえに、ここでも気功をやる理由が明白になる。
まずは体からだ。


何もやっていないという人は、
まずは、足八の字、軽い筋トレ、バランスと取ること
などから、はじめると良いだろう。


参考《足の気を育てる準備功「足八の字」》


次 → 物で水にアプローチする「鍾乳石」と「黒曜石」



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。