自分の体は自分の思いでできている - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の基本知識 > 自分の体は自分の思いでできている

自分の体は自分の思いでできている

43687a8bee26946d15a422819c53da9d_s.jpg

人の体は7割が水。
水は反磁性体。磁気成分があるということ。


そして脳は電力を発生している。
電力を発生しているからこそ脳波が測れる。


ということは、私たちは脳で思った事は、
電力を発生すると共に、体液を通して、
全身にその思いを刻印している。


また、脳波を測ると人は半径10mの範囲で
電波を飛ばしている。訓練すればもっと飛ばせる。


更に、私たちの毛穴からは、
その思いを刻印した水蒸気が発生している。


つまり、人は思いの電磁場フィールドを
持っているということ。そこにはダイレクトに
その人の思いが刻印されている。


オーラ視の最初は、色ではなく、
人の周りに、やかんから出る湯気のような
立ち上る水蒸気が見える。


その毛穴から出る水蒸気の範囲が、
エーテル体だろうと私は考える。


エーテル体とは⇒《気の身体Ⅱ》


水は磁性体を持つが、磁石と異なり、
N極はN極、S極はS極という同種符号を引き寄せる。


あなたの思いで作った水蒸気フィールドが、
プラスの思いならば、プラスを引き寄せ、
マイナスの思いならば、マイナスを引き寄せる。


であるならば、思考することは、
プラスのことを考えるほうが有効と考える。


脳は幸せの水蒸気フィールドを作るために、
私たちに与えられたものなのだろう。


ゆえに私たちの体は、
自分の思いでできているのだ。


次 → 脳科学からわかる気功をやる理由



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。