潜在意識が目標を求めるゴールデンタイム - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の基本知識 > 潜在意識が目標を求めるゴールデンタイム

潜在意識が目標を求めるゴールデンタイム

4a85133e8afe22c2943ef881237ac117_s.jpg


願ったことが実現するゴールデンタイムとは、


1)朝起きた直後の寝ぼけた状態の時
2)夜寝る直前の寝入りばなの時
3)入浴し温かさを幸せを感じている時
4)両方の鼻が滞りなく吸える時


1)2)はよく言われていることなので、
今回は特に言及しないでおく。


3)とは、温かさや幸せ感などのんびりとした感覚を
味わえるお風呂に入った時は、ゴールデンタイム。


だから、入浴中に1日のことを振り返り、
イライラしたり、ケンカをするなどネガティブは禁止だ。


《参考》幸せを毎日積み上げるマントラ(お風呂編) 


4)とは、普段人は片鼻呼吸をしている。
右もしくは左のどちらかで呼吸をしていて、
それが3~4時間毎に切り替わる。


その切り替わりの10~20分の間だけ、
両方の鼻が偏りなく吸える時であり、
その時、あなたの潜在意識が開いている。


この時間に考えたことは全て、
あなたの人生の目標として刻まれてしまう。


たまたま、テレビで不幸な話を見ていただけでも、
それらのデータが、あなたの人生の目標になり、
知らず知らずのうちに、誘導されている。


両鼻で呼吸ができる時、脳がモデルを求めている時間であり、
スポンジが水を吸収するかのように、抵抗せずに吸収する。


内容の良し悪しは関係ない。ただ刻印されてしまう。


インドのヨーガはこの現象に気がついたため、
片鼻ずつの呼吸法で優位性の解除を練習している。


《参考》鼻を使った気功法「片鼻呼吸法」 


このことを知り、片鼻呼吸の練習をすることで、
いつでも均一に作れる状態に近づいていける。


そしてその後に瞑想し、アファメーションをし、
自分が未来にどうなっていきたいかをインプリンティングする。


片鼻ずつで吸う吐くの練習をし、
両方で吸えるようにしていったらいいだろう。


次 → 自分の体は自分の思いでできている



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。