言葉の本当の力 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の基本知識 > 言葉の本当の力

言葉の本当の力

95c028208414176c671eb0bb91ecfd82_s.jpg


古典的な催眠法で使われるのは、
直接的に言葉で命令を出す、いわゆる暗示の利用だ。


自律訓練法で使われる「腕が重たーい」などの
言葉が暗示の例がある。


仏陀は悟りを開く方法として、
八正道を説き、その中で「正語」を挙げている。
正語とは、正しく言葉を使うことだ。


また弘法大師 空海の解いた密教では、
「真言」という力を持ったマントラを使う技がある。


私たちは、言葉の本当の力を発揮できているのか?


怒り悲しんでいる時、「もうやめた!」と言って
終わりにできないのは、言葉が無力だからだろうか。


心と体が別なように、感情と言葉は別なのだろうか。
そして、別だからコントロールできないのだろうか。


しかし、もし別だとして、悲しい話を聞いただけで、
こちらも悲しくなるのは何故だろうか。


怒っている時、「このやろー」とか
「あいつ気にいらない」と自分の言葉で増幅していないか。


言葉に力が無いのでは、ない。


なぜなら、私たちは否定的な事に対しては、
その力をうまく発揮できている。


「もうだめだ」「できない」「なんで私だけが」
「あいつのせいで」「どうせ私なんか」などいくらでも
使っているだろうし、言葉も力を発揮しているだろう。


しかしながら、ポジティブな事に関して言葉の力を
発揮できている人は少ないようだ。


ポジティブな事について、言葉の力を発揮できるように、
否定的な言葉をできるだけ減らし、肯定的な言葉を
使い続けて「技」になるまで研ぎ澄ますのだ。


くり返し続けて、
真剣な気持ちで思いを込め丁寧に仕立てる。


それが「技」として使えるようになるまで訓練すれば、
いざという時、たった一言「すべてうまくいく」と
いうだけでよくなる。


その時には、言葉の意味だけでなく、あなたの思いが
情報として乗っかり、気のエネルギーも加わる。


言葉を本物にするためのお勧めは、自律訓練法。
色々と本が出ているので、研究されたらいい。


「腕が重たーい」と唱えただけで、その現実を
生み出せるようになった人は、言葉の力を発揮できたと
考えてもよいだろう。


その上で、自分の言葉で自分の内的世界を再調整したらいい。


「あれはあれでよかったのだ。」
「私は、日に日にあらゆる面でますますよくなっていく。」
「良い人間になります。ありがとうございました。」
「私は今この瞬間、宇宙のすべてを受け入れます」と。


《参考》訓練のコツ(マイナスを切り離す) 
《参考》潜在意識を浄化するマントラ(陽のマントラ) 
《参考》本当にツキを呼ぶマントラ 
《参考》不幸のリセット法 -自律訓練法の練習- 

次 → 気を感覚化するということ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。