訓練のコツ(その1:継続する意味) - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の基本知識 > 訓練のコツ(その1:継続する意味)

訓練のコツ(その1:継続する意味)

zen1.jpg


気功を習って続けようとした時、続ける事は大切だと知りながらも、
モチベーションを維持するのが難しく、なかなか訓練を継続できないという人も多い。


そのような方のために、訓練のコツをお伝えしたい。


1.どんなに短い時間の訓練でも意味があることを知る


人は1度でも体験したり、練習したことは、
すべて体や心の中に情報として残っている。


そのため、5分のトレーニングにも価値がある。
極端な話、たった10秒のトレーニングであっても意味がある。


「なかなかまとまった時間が取れない=練習ができない」と言い訳せず、
朝起きた数秒、寝る前の数分など、ほんの少しでもいいので、
訓練をやると決めること。


2.スキマ時間を利用して訓練する


あなたが日々の通勤や通学に電車やバスを利用しているとする。
すると、電車やバスを待っている時間は必ず存在するだろう。


そのたった30秒に行う事であっても、訓練の意味がある。


電車やバスを待っていたら来てしまった。その時は、
「電車が来たからやめた」と言い、そこで訓練をやめればいい。


それがたった30秒であっても、この訓練は無駄にはならない。
30秒の積み重ねになっていく。

だから、どんなに忙しい人であっても、細切れの時間はあるはずだ。
通勤途中や電車やタクシー乗って移動している時間、
事務所から会議室に行くまでのほんの数分の移動時間など。


5秒の訓練であっても、5秒の蓄積になる知り、
それが無駄にはならないと知れば、短い訓練でも続けていける。


次 → 訓練のコツ(その2:マイナスを切り離す)



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。