幸せを毎日積み上げるマントラ(お風呂編) - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の基本知識 > 幸せを毎日積み上げるマントラ(お風呂編)

幸せを毎日積み上げるマントラ(お風呂編)

幸せを毎日積み上げるマントラ(お風呂編)


人間の根源的欲求である
「あたたかい」を日常生活で満たす方法をお伝えする。


お風呂のマントラ

マントラ:「あたたかい」


湯船に入った時、「ホォー」っと声を上げたくなるだろう。
そこからわかるように、温かさは根源的な欲求だ。


そのように、お風呂に入って温かさを感じたときに
マントラとして「あたたかい」と言うと良い。


あまり知られていないが、
お風呂に入っている時は「催眠モード」に入っている。


催眠モードとは、寝ているわけでも、
起きているわけでも無い、潜在意識が起き上がってくる状態。


「あたたかさ」を感じているとき、
私たちは必ず「リラックス」している。


風呂に入りながら緊張して、
テンションが高い人はあまりいない。


だから、お風呂で温かいと感じたら、
わざと言葉の回路を立ち上げ「あたたかい」と言う。


これが幸せの種となっていく。
風呂に入って「あたたかい」という感覚こそが、


人類が何十億年も心の一番深い所に蓄えて来た幸せの感覚であり、
これを使うことは、そのまま幸せになるための初めの一歩になる。


お風呂の際に注意する事


お風呂は、潜在意識が立ち上がっている状態のため、
グチを言ったり悪口を言うのは控えたほうが良い。


グチや悪口の不幸の種が元に、
簡単に不幸がやってきやすくなるからだ。


だから、お風呂に入る時は、
「あたたかさ」から幸せを感じることに意識をむけ、
逆に、グチや悪口は遠ざけたほうが良いだろう。


ただし、水はマイナスを吸収しやすいので、
1日セミナーに参加をして、手からエネルギーが出る


能力伝授を受けている方は、
手からエネルギーを出しながらであれば、
お風呂の中でも、グチや悪口を言っても構わない。


(能力の伝授については、1日気功セミナー【できる人の気功術セミナー】で行っています。)


ただし、そのマイナスを吸収した水は、
必ず流して捨てること。

以上が、毎日のお風呂で、
幸せを積み上げていく事ができる方法となる。


今日から、これをお風呂に入る時の日課として、
幸せの種を作ってみては、いかがか。

次 → 「オーラ」と「気」の違いとは?



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。