気功訓練のステップ - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の基本知識 > 気功訓練のステップ

気功訓練のステップ

気功訓練のステップ


このサイトでは、気功(多重構造一体化気功)についてお伝えしていて、
自分の好きなところから始めてもらって構わないのだが、
何から始めればいいのかよくわからないという話も聞く。

そこで、一例として気功訓練のステップをお伝えする。



1.肉体そのもの感じながら行う


意識を使いながら動く段階で、肉体を自覚していく。
筋のどこが伸びていて、どこが曲がっているのかをと感じながらやる。


2.イメージをしながら行う(こころの介入)


その肉体の感覚を延長していくイメージをして、感じる。
例えば、光の線が書かれていて、「ヒューと曲がった」「ヒューと伸びた」という感覚を
肉体そのもの感覚とは別に、イメージで作っていく。


3.外界を意識しながら行う(外の世界を感じる)


手の皮に触れる空気を意識する。
触れている気のボールが光輝いているのをイメージし、それが身体に触っているという感覚を
皮膚のお腹側、背中側で感じていく練習をする。
具体的には、身体の皮膚の上を経絡にそって、光り輝く気のボールを転がしていき
身体を感じているわけではなく、外側の空気を感じるように意識する。
(小周天とは、手で作ったボールを感じながら、体表面の知覚を作っていくこと)


4.3の外界の空気が意識できるようになったら、空気を水に変え、同様に感じるイメージをする


プールの中に沈んでいる自分がいて、指と指の間から水が流れ出すイメージ。
さらに上級者向けの場合、水→水飴で行う。

次 → プラスの現象の上位概念「幸せ」



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。