気のエネルギーの定義で読み解く「不幸が間違いに過ぎない理由」 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の基本知識 > 気のエネルギーの定義で読み解く「不幸が間違いに過ぎない理由」

気のエネルギーの定義で読み解く「不幸が間違いに過ぎない理由」

イヤシロチ.jpg

講座内で「不幸は間違いに過ぎない」という話をすることがある。
なぜ「不幸は間違いに過ぎない」のかというのは、
気のエネルギーが生命エネルギーであると定義づけると理解しやすい。


気のエネルギーの定義

1)この世において、気のエネルギーが生命エネルギーであると定義する
集めることで、命が増えていく(生成発展) プラスの気とマイナスの気

2)あなたには生命エネルギーがある
多ければ病気が少ない(元気)

3)生きている時は、必ず「プラスのエネルギー」>「マイナスのエネルギー」
【危篤状態】 「プラスのエネルギー」=「マイナスのエネルギー」
【死】 「プラスのエネルギー」<「マイナスのエネルギー」

4)幸せとは、プラスエネルギーの現象
不幸とは、生命が損なわれているかのようなマイナスエネルギーの現象

5)3,4であるが故に不幸は間違いにすぎない
生きている限り、あなたを取り巻くエネルギー状態は、常にプラス
常にしあわせであるほうが自然な状態であるがゆえに、不幸とは間違った「状態」にすぎない


気のエネルギーにつきましては、下記ページもご参照ください。


次 → 気功訓練のステップ



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。