「多重構造一体化」気功とは? - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の基本知識 > 「多重構造一体化」気功とは?

「多重構造一体化」気功とは?

ここでお伝えしている気功は、一般的に知られている気功とは一種風合が違う事を
感じ取られている方も多いと思いますが、正確に表現すると「多重構造一体化」気功です。


その、見えない世界全般に対する技術である「多重構造一体化」気功を、
ここでは、略して「気功」と言っている。


別に隠すつもりはないが、長年受講されている方でも想像している以上に、
秘密の内容も多い。オキテ破りの気功の秘密学校であり、「学研ムー」の大人版だ。


この「多重構造一体化」気功には、能力の伝授によって身に着く力もあるため、
具体的には、実際にセミナーに参加していただかないとわからない点はあるだろう事を、
予め理解した上でこのサイトを活用していただきたい。
(能力の伝授については、1日気功セミナー【できる人の気功術セミナー】で行っています。)


表現的に勘違いしやすいかもしれないので、念のため書き記しておくと、
立禅や小周天などの古典的な気功は、この気功の一部であり、全体ではない。


それをベースに、2方面からお伝えしたい点がある。


1つ目は、これを読まれている方の中には、ある特定の技術を極めた方で、
なんでも全て出来ると思われている方もいらっしゃるかもいない。


しかし、気功や瞑想など、ある特定の技術を極める事で得た能力だけで、
ここで紹介している「多重構造一体化」気功が、全て出来るとは限りません。


なぜなら、この気功では、通常であれば相反する立場や理念などを組み合わせ、
プラグマティズムに使われています。そのような素材の違いに細心の注意を
払いながら取扱いにご注意いただきたい。


2つ目は、逆に自分にはできない、力不足だと思われている方は、
淡々と何かを取り組む事を学ばれるといいでしょう。
それには、身体を作る古典的な気功法がお勧めです。


古典的な気功法は、身体の気エネルギーを増やしてくれます。
気のエネルギーが増えると、元気になり活力がわき、自信になります。
そして、あなたが「できない」と思う想念も書き換えてくれます。


現代人の私たちが見落としがちですが、
肉体は、現世に生きる我々の力の根底であり基礎です。


呼吸法や瞑想、イメージ法は、十分に気功法ができ身体を整えて、
気エネルギーを増やした後に、行うとよいでしょう。


<多重構造一体化「気功」イメージ図>

多重構造一体化気功


次 → 気の質と量



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。