気と色彩 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の基本知識 > 気と色彩

気と色彩

気と色彩.jpg

色からも気の波動が出ている。その気の波動には質とレベル、
波動の高低や細やかにある。しかし、これらは美しさや愛が計量化できないように、
今後500年、1000年経っても、物理には載らないだろう。

それを理解した上で、実務家として検証していく心がまえが必要。


気功の鍛錬の上で、色彩を触り感じられるようになるワークは、
ベーシックな気を感じるトレーニングでもあり、色彩は将来的に
様々なイメージワークに活用できる元にもなる。


色彩を触るワークのやり方は、白い紙に、単色で色をつけて通過させる。
最初は、赤、青、白、その後は、虹の7色を練習するとよい。


教室では、ヒーリングのワークなどの際に万能な色は黄金とお伝えしているが、
初心者には黄金のイメージは難しいかもしれない。
その場合は、蛍光灯の光った白い色を代用するとよい。


下記、一般的な色の特徴である。
これらは一般的に知られているイメージと一致しており、
あまり特異な使い方はない。

パワーストーンなども色の特徴にほぼ準じていると考える。

色の特徴

赤・・・元気、エネルギーの充実、やる気、活性化、

青・・・沈静化、穏やかさ、静けさ、心の平和、安心、浄化

緑・・・心の穏やかさ、ヒーリング

黄・・・コミュニケーション、関係性の改善

ピンク・・・若返り

次 → 気の状態がわかる!「気楽・気詰の法則」



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。