上丹田・中丹田・下丹田 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の基本知識 > 上丹田・中丹田・下丹田

上丹田・中丹田・下丹田

上丹田中丹田下丹田
伝統的に、丹田には、上丹田・中丹田・下丹田の3つの丹田があると言われ、
上丹田は頭-眉間の奥に、中丹田は胸-胸中央に、下丹田は下半身-ヘソ下3寸にある。


この3つの丹田は、それぞれ気を貯めるタンクのようなものだが、
そこに貯まる気の種類は多少異なると考えられる。


しかし、実際には東洋では、下丹田と上丹田の2つの概念がメインであり、
下丹田は精力を鍛えること、上丹田は、仏教や道教にもある知性を
高める方法として、上丹田や下丹田の開発法として訓練方法が存在する。

実際にこの気功で紹介している技も、下丹田・上丹田いずれかを開発する方法である。


対して、西洋では中丹田の開発法がメインであり、そこでの中丹田の開発は
「愛」という概念が必要となる。「愛」は感情と深く絡み合っているため、
中丹田を開発することは、あなたの感情に関する問題やストレスは解き放たれ、
この現世を生きるための、本当の知性の覚醒につながる。

この中丹田の開発法は、この気功では行っていないが、
実際に、上級クラスでは中丹田の開発する方法をお伝えしている。


人の身体は、ペットボトルのような構造になっており、すべての幸せを
手に入れるために、上・中・下にある丹田に気エネルギーを貯める。


しかし、このエネルギーは、上だけ貯めるや、真ん中から貯めることは
できず、下から順に貯めていき、下丹田→中丹田→上丹田の全てに
気が満ちていることで、完全に思い通りの人生を歩むことが出来る。


次 → 気と色彩



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。