気を貯める「丹田」とは? - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の基本知識 > 気を貯める「丹田」とは?

気を貯める「丹田」とは?


丹田とは、気を集めて練る事により、内丹を作り出すための体の部位。
気が集まる場所とされる。


丹とは、気エネルギーが蓄積され赤く輝く状態を指し、
田とは、そのエネルギーを貯める器を指す。


当然のことながら、解剖学的には丹田は存在しない。
目に見えない気の世界で存在する。


伝統的に、丹田には、上丹田・中丹田・下丹田の3つの丹田があると言われ、
上丹田は頭-眉間の奥に、中丹田は胸-胸中央に、下丹田は下半身-ヘソ下3寸にある。

丹田

この3つの丹田は、それぞれ気を貯めるタンクのようなものだが、
そこに貯まる気の種類は多少異なると考えられる。


一般的な気功法では、功法の最後に下丹田に意識を向け、
気を収める収功を行い、下丹田の部分に気を貯める行為をする。
下丹田に気を貯めることにより、精力がつき、元気になるためだ。


この気功では、気功法を行う事自体を、
日常の意識から向こう側の意識に行く事と指し、
向こう側の意識からこちら側に戻ってくるときの行為を収功と考えている。


その為、常に、精力アップのみを目的とした下丹田に気を収める方法だけではなく、
練った気を別の方法、例えば願望実現などにも活用するために、
それぞれの目的に合わせて、最後の収功を行っている。


次 → 上丹田・中丹田・下丹田



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。