塩で邪気を取るには? - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の基本知識 > 塩で邪気を取るには?

塩で邪気を取るには?

塩で邪気を取る.jpg

塩には、マイナスの気エネルギーを吸収する性質がある。
ただし、塩自体がプラスの気エネルギーを出しているわけではない。


玄関先や家の中に置く風習のある盛り塩は、厄除け・魔除けの意味を持つが、
そこからきている。
日本の盛り塩の風習は、奈良・平安時代からとされる。


気の感性が豊かな古代人たちの智恵として、今に伝わる貴重な風習だ。


その性質を使って、結界をつくることができる。
結界とは、聖なる領域と俗なる領域を訳、秩序を維持するための区域を限ること。

《塩を使った結界法》

部屋の四隅に塩を一盛りずつ設置する。 設置して、3時間ぐらいすると、邪気を吸収し、苦く不味い塩になる。 結界に使用した塩は、必ず処分する。処分方法は、トイレに流すなど。 (コツ) ・質の悪い塩を使う。高級な塩は食用とし、結界やお祓い時には、粗塩や食卓塩を使う。

他にも、"気"という自体を信じられないと思う方は、
塩で行う実験で、体感を得られるかもしれない。
(ただし、腎臓病などの塩分禁止の方は注意すること。)


《塩を使った気の実験法》

以下、①②③の塩を用意し、味を比べてみる。 ①結界に使った塩(何もしていない部屋の四隅に3時間以上置いたもの) ②般若心経の紙に包まれた塩(般若心経が書かれた紙を用意し、 その中に結界に使った塩と同じ種類の塩を入れ(結界用としては未使用)、 3時間以上置いたもの。) ③何も行っていない同じ種類の塩(未使用)


①は邪気を吸ったもの、②は良い気を吸ったもの、③は何もしていないもの。
良い気を吸ったものは、味が甘く美味しくなり、
悪い気を吸ったものは、苦く不味くなる。

良い気を吸ったものは、粒子が細かくなり、
悪い気を吸ったものは、粒子が荒くなる。

味や見た目で確認する。③は標準的な状態を確認するために使用する。

以前講座で同様の事を行った時は、見た目にも明確にわかるように変化し、
実際に味見をした人は、目を見張って驚いていた。

この塩には気エネルギーは一切入れておらず、塩の性質だけを使った方法。
この実験は、目に見えない気を感じたい人にはいい方法の一つだろう。


しかし、塩が邪気を吸う力よりも、人の念のほうが、また、私たちが手から出す
気エネルギーのほうが何十倍何百倍と強いことを知っておいてほしい。


次 → 独鈷などの密教法具とは?



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。