気の影響 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の基本知識 > 気の影響

気の影響

気の影響.jpg

気エネルギーのクオリティ(質的要素)の影響について考えてみたい。
私たち人間にとって良い作用をとして働く「プラスの気のエネルギー」と、
悪い作用として働く「マイナスの気」の2つに分けられる。


昨今、書籍「ザ・キー」などで「引き寄せの法則」が注目されているが、
同じ内容を100年以上前の書籍である「原因と結果の法則」の中で触れており、
著者ジェームス・アレンは、以下の通り書いている。


プラスの思考が、マイナスの現象を生むことはありません。
同様に、マイナスの思考が、幸せを産むこともありません。

・幸せを生み出すのは、プラスの思考であり、
 そのプラスの思考が、プラスの現象を現実を作る。
 マイナスの世界の現実の世界の背後にあり、
 それはマイナスの感情や心が作る。


我々気の世界からは、以下の同様の内容を"気"に置き換えてお伝えしている。


プラスの気のエネルギーはプラスの現象をおこし、
マイナスの気のエネルギーはマイナスの現象を起こす。

マイナスの気のエネルギーがプラスの現象を起こすことはない。


では、実際にどのような影響があるか解説したい。


1 「プラスの気」が人間に影響を与えると、以下のような感じがある。


心と体のくつろぎ、リラックス、柔らか、ふわふわ、あたたかい感じがする、
呼吸が楽になる、ポジティブ感、明るい感じがする、力を入れた時に強くなる、
好ましい匂いの感覚、ストレス感の減少、脈拍がゆっくりとしている、
やる気の向上、運の向上、成功、人が多く集まる、笑い、柔らかい視野(ソフト・アイ)
浄化、活性化、味がマイルドになる、甘い味、広い感覚、健康、流れ
クラスターの大きさが小さくなる、マイナス・イオン


2 「マイナスの気」が人間に影響を与えると、以下のような感じがある。


緊張感、固い、冷たい感じ、呼吸が詰まる、苦しい、ネガティブ感、暗い感じがする、
力をいれた時に弱くなる、嫌な匂いの感覚、ストレス感の増加、脈拍が早くなる、
やる気がおきない、運が悪い感じ、失敗、人が寄り付かない、不幸感、泣く、
硬い視野(ハード・アイ)、汚れ感、不活性、味の刺激が強まる、ピリピリ、苦い味、
狭い感覚/病気/よどみ/クラスターの大きさが大きくなる/プラス・イオン


以上より、マイナスの気のエネルギーを減らし、プラスの気のエネルギーを増やす事が、
私たち人間にとって良い状態であり、その状態に気功を通して目指す。

次 → 塩で邪気を取るには?



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。