気エネルギーのパワースポット「イヤシロチ」 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の基本知識 > 気エネルギーのパワースポット「イヤシロチ」

気エネルギーのパワースポット「イヤシロチ」

イヤシロチ.jpg

場には、良い場と悪い場の2種類しかない。


プラスの働きをする場を、「イヤシロチ」。
今風だと「パワースポット」と言うだろう。


逆に、悪い働きをする場は、「ケガレチ」。これは気が枯れてしまった場の事。


この言葉が出来たのは、創始者星一氏の星製薬(現在の星薬科大学の場所)星一氏は、
満州時代にスポンサー的に色々な変わった研究者・科学者に投資をしていた。


その理由は、当時満州鉄道という会社が、中国全土に20ほどの鉄工所を作っていたが、
日本で書いたプラントの設計図で、機械も日本製、配置からサイズから工場ごと
みんな同じ規格ににもかかわらず、すぐに錆びる、変形するといった
全然使い物にならない場所が出てきた。


最初は、作業員が手を抜いていると思い、調べてみたが条件はすべて同じ。
その点では差はない。


しかし、ばらつきが出てくる。
いつでも良い製品をつくる工場と、いつでも悪い製品ができる工場が
はっきりわかれた。
人を取り換えてみても、状態は変わらなかった。


その時、楢崎皐月(ならさきこうげつ)という物理学者が、
「場がおかしい」と気づき、実際に磁石で測ると、
北を指すべき磁石が北を刺さない場だった。


そして、彼はプラスの働きをする場を「イヤシロチ」、
悪い働きをする場を「ケガレチ」とした。


彼は何が起こっているのかを細かく突き止めていったようだが、
残念ながら我々が継承することはなかった。


この気功では、プラスの働きをする場「イヤシロチ」
「パワースポット」から、プラスのエネルギーをいただくという考えはない。


逆に、気のボールでその場を豊かにしてほしい。


昨今のパワースポットがブームになるよりずっと前、
熊本県の幣立神宮には、縄文杉のような樹齢何百年の木があり、
そこに行くと癒されると評判になり、日本全国から人が集まり、
縄文杉からエネルギーを奪い取った。


その結果、縄文杉は枯れて倒れた。


天然の素晴らしい気の場所より、私たち人間のほうが力を持っている。
マイナスを出したら汚せるのと同じように、逆もある。


気のボールを使えるようになった人は、
「その場が幸せになるように、あとからくる方が幸せになるように」と
プラスの気エネルギーを置いてきてほしい。


次 → パワーストーンについて



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。